【オススメアーティスト ディスコグラフィ-待望の来日公演 2019年11月に東京・大阪にて開催!-】マムフォード・アンド・サンズ (Mumford & Sons)

f:id:bookrockcurry:20190116191731p:plain

 

マムフォード・アンド・サンズ ディスコグラフィ

2007年にイギリス・ロンドンで結成された4人組のロックバンド、マムフォード・アンド・サンズ

 

そのバンドスタイルは、1st、2ndアルバムでは、ギターやマンドリンバンジョーアコーディオンなどフォーキーな楽器を激しくかきならす独特なスタイルで、どこか懐かしいようで新しい、鮮烈なイメージで登場してきました。

 

1stアルバム『Sigh No More』はプロデューサーにアーケード・ファイア、コールドプレイなどを手がけたマーカス・ドラヴスを起用し、全世界で800万枚以上という驚異的な売り上げを記録。グラミー賞やNMEアワードの最優秀新人賞にノミネート、続く2ndアルバム『Babel』はグラミー賞で最優秀アルバム賞を受賞しました。

 

3rdアルバム『Wilder Mind』は、そんなフォークロックスタイルに別れをつげ、エレクトリックなメジャー感のあるサウンドに変貌をとげました。ややもすると凡庸ともいえるそのサウンドは賛否のある出来となってしまった感は否めませんでした。

 

それでも、4thアルバム『Delta』ではその過去3作のいいところを融合させたようなスケールの大きい傑作で、まるで壮大な映画のサウンドトラックを聴いているかのようにドラマティックな曲から繊細なアコースティックな曲まで幅広く楽しめます。

 

そんな傑作4thアルバムをひっさげて、2019年11月に6年ぶりとなる待望の来日公演が大阪と東京にて開催が決定しました!

 

eplus.jp

 

t.pia.jp

 

英米でのスタジアム級の人気に比べると日本での知名度はまだまだのような気がしますが、ライブ演奏の迫力には定評のある彼らのパフォーマンスは見逃せません。

 

(インディーズやミニアルバム、ベストアルバム、ライブアルバムを除く) 

 

 スポンサーリンク

 

 

1.Sigh No More 発売年:2009年

 

2.Babel 発売年:2012年

 

3.Wilder Mind 発売年:2015年

 

4.Delta 発売年:2018年

 

 

 

ぜひ、チェックしてみてください。

 

【ただの青春小説とあなどると、がっつりヤラれます】横道世之介 / 吉田 修一

f:id:bookrockcurry:20181022110803p:plain



2009年に刊行された『横道世之介』。

 

インパクトのある主人公の名前を冠したこの作品、井原西鶴の『好色一代男』から名付けられたという世之介青年の物語。

 

長崎から大学進学のために上京してきた物語を、各月ごとに12章に分けて、1年間が描かれています。

 

 

横道世之介 / 吉田 修一

 

 

あらすじ

なんの特技も持ち合わせていないが、人がよく、誰からも愛されるちょっと間のヌケたにくめない性格で、なぜかなりゆきでサンバサークルに入り、バイトに明け暮れつつも、様々な人たちと関わりを持ち、恋をし、ちょっとした事件にまきこまれたり、いろいろなできごとを体験したりと、そんな日常が描かれています。

 

ただ、この小説の青春が描かれているのは、実は20年前の過去のお話。

 

その章の途中にインサートされる形で、世之介と大学時代に関わった20年後(現在)の人物たちの現在の様子が描かれます。

 

そのことによって、少し能天気とも思えるような大学時代の世之介や登場人物たちと、年月をへた現在のギャップのようなものが、なんとも言えない深みを物語に与えていて、まったく別の見方を与えてくれます。

  

 

 スポンサーリンク

 

 

感想

 

2010年(第7回)の本屋大賞では第3位の話題作で、映画化もされている本作。

 

今振り返っても豪華キャストで彩られた作品で、こちらもオススメ。

 

ちなみにその年の本屋大賞冲方丁さんの『天地明察』でした。

 

 

私的には、この物語の大学生時代は、自分よりはちょっと前になりますが、ほぼ同じ時代の感覚で、懐かしさを感じました。

 

まだ携帯もなくテレホンカードで電話し、待ち合わせた相手があらわれずにどうしようもなかったりしたような記憶が、オーバーラップしました。

 

また、大学生時代の性に対する欲望や友人関係との懐かしい思い出などあの時代特有の淡い記憶、その対比としての現在のパート部分がシビアで、せつなく沁みました。

 

 

そして

 

9年ぶりで、まさかの続編となる『続 横道世之介』が今年(2019年)刊行されました。

 

まだ、未読ですが、絶対読みたいと思っている今日このごろです。

 

 

 

 

【行ってから読むか、読んでから行くか。国立西洋美術館】美しき愚かものたちのタブロー / 原田 マハ

f:id:bookrockcurry:20190801134032j:plain





第161回(2019年上半期)の直木賞大島真寿美さんの『渦 妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん) 魂結(たまむす)び』が授賞しました。

 

浄瑠璃作者・近松半二の生涯を描いた作品とのことで、まだ、読んでいませんがぜひ読んでみたいと思います。

 

さて、現在上野の国立西洋美術館で企画されている松方コレクション展は皆さん行かれたでしょうか。

 

モネの〈睡蓮〉、ルノワールの〈アルジェリア風のパリの女たち〉、ゴッホの〈アルルの寝室〉など、世界を代表する名画を鑑賞することができます。

 

www.nmwa.go.jp

 

ただ、それら名画を今こうして鑑賞できるのも松方幸次郎さんをはじめとする不可能を可能にした男たちのおかげがあってこそというのはご存知でしょうか。

 

その物語を描いたのが、惜しくも直木賞の授賞は逃したものの原田マハさんの『美しき愚かものたちのタブロー』です。

 

 

美しき愚かものたちのタブロー / 原田 マハ

 

 

あらすじ

戦前、本物の絵画を日本の若者たちに見せてあげたいと美術館を創ることを目指し、西洋で絵画を買い集めた実業家・松方幸次郎。

 

戦争によって、絵はフランス国家に接収されてしまうが、戦後それを取り戻すべく吉田茂首相はじめ、松方幸次郎の絵画収集に協力した美術史家・田代らが尽力する。

 

松方はなぜ、絵画を収集するにいたったのか。また絵画収集の裏に隠された密命とは?

 

さらに戦時中、フランスでその絵画を命がけで守った日本人がいた。

  

 

 スポンサーリンク

 

 

感想

国立西洋美術館ル・コルビジェが設計し、世界遺産に登録されたことで知られていますが、設立された理由まではまったく知りませんでした。

 

2019年は設立60周年とのことですが、恥ずかしながら松方幸次郎さんのこともまったく知らず、松方コレクションについてもこれを読んで知り、数々の奇跡のような積み重ねによって今見ることができているということを知りました。

 

読まないで観ても感動はすると思いますが、この事実を知って観たら感動もひとしおなのではないでしょうか。

 

 

 

 
 
 

 

スポンサーリンク