クリストファー・ノーラン監督の新作『TENET テネット』はなぜ話題なのか?

9月18日から公開された話題作『TENET テネット』を遅ればせながら観てきました。 この映画、1度観ただけでは、全貌を理解することができないと言われていて、ほんとかよ、と思っていましたが、やっぱりふわっとしか理解できませんでした。考察してから、また…

ビートルズ、B・ディラン、E・プレスリーのファンならきっと最高な本。『彼らを書く / 片岡 義男』はこんな本

彼らを書く / 片岡 義男 どんな本? こんな本! 彼らを書く / 片岡 義男 どんな本? タイトルの「彼ら」とは、ロックを語るうえで避けては通れない「ザ・ビートルズ」、「ボブ・ディラン」、「エルヴィス・プレスリー」のこと。 この本は、ロックや映画にも…

40過ぎの自分にも刺さった!『13歳からのアート思考 / 末永 幸歩』はこんな本

13歳からのアート思考 / 末永 幸歩 どんな本? この本の読みどころ 13歳からのアート思考 / 末永 幸歩 どんな本? ちまたによくある『○歳からの〜』というタイトルの本。 何を根拠に?と思う本が多い中で、この本の「13歳」という理由にはとても納得しました…

【大名曲「東京にて」に震えた!】おすすめ!ベストアルバム「樋口愛」/ ヒグチアイ

なにげなくラジオを聴いていると、流れてきた耳に残る歌声。 あまりに刹那的なバラードで、一瞬にして引き込まれました。 調べてみるとヒグチアイさんというシンガーソングライターの「東京にて」という曲。 昨年のワンマンライブのために書き下ろし、東京オ…

2020年 私的 洋楽ロック 年間ベスト・アルバムランキング9〔途中経過〕

2020年もまだまだ途中ですが、今年もすばらしいアルバムが数多く誕生しています。 インディー・ロックが多めですが、2020年の洋楽ロック上半期を、私的なランキング形式で紹介したいと思います。 009 Walking Like We Do ザ・ビッグ・ムーン〔The Big Moon〕…

松永久秀のイメージがガラリと変わる!『じんかん / 今村 翔吾』はこんな本!

じんかん / 今村 翔吾 どんな本? この本の読みどころ じんかん / 今村 翔吾 どんな本? 織田信長や明智光秀ほどの知名度はありませんが、その時代の重要人物の一人として忘れてはいけない人、それが松永久秀です。 再開された『麒麟がくる』でもちょうど松…

2020年 私的 ハードロック/ヘヴィメタル年間ベスト・アルバムランキング9〔途中経過〕

2020年は音楽業界にとっても特別な年になっていると思います。 コロナ前と後では作品内容にも変化があらわれるかもしれません。 そんな往年のバンドの活躍が特に目立つ2020年のHR/HM(ハードロック/ヘヴィメタル)上半期(一部除く)を、私的なランキング形…

倍返しは“半沢直樹”だけじゃない!『再生巨流 楡 周平』はこんな本!(ネタバレなし)

再生巨流 / 楡 周平 どんな本? この本の読みどころ 再生巨流 / 楡 周平 どんな本? 現在放映中のドラマ『半沢直樹』、相変わらずの面白さですね。毎週楽しみです。 企業や業界、そこでおこった事件を舞台にした小説をいわゆる経済小説といいますが、そのジ…

学生時代にこんな本を読みたかった!『砂漠 / 伊坂幸太郎』はこんな本!(ネタバレなし)

砂漠 / 伊坂幸太郎 どんな本? この本の読みどころ 砂漠 / 伊坂幸太郎 どんな本? まずは、この小説のキーワードをあげたいと思います。 「麻雀」「ボウリング」「合コン」「超能力」「キックボクシング」「ラモーンズ」 伊坂さんが、大学生の青春小説を描く…

超便利!どう便利?『コスパ最高のウェアラブルスピーカー』はこれがおすすめ!

ウェアラブルスピーカーって、どうなの? 購入の動機 コスパ最高のウェアラブルスピーカーはこちら! まとめ ウェアラブルスピーカーって、どうなの? だいぶ一般的になってきた首にかけて自分だけに音が聞こえるウェアラブル(ネック)スピーカー。 とにか…

『仮面ライダー電王 プリティ電王とうじょう!』が面白かった!4本立て『東映まんがまつり』を観た感想とあらすじ

まだまだ行動が制限される現状ではありますが、徐々に気をつけながら行動できるようになってきたところだと思います。 映画館もそのひとつで、座席を1席ずつ空けたりするなど様々な対策がとられていて、ようやく映画を観にいけるような空気が戻ってきました…

どんでん返し連続の短編集『どんでん返し / 笹沢左保』はこんな本!

どんでん返し / 笹沢 左保 どんな本? この本の読みどころ どんでん返し / 笹沢 左保 どんな本? ミステリー好きな方なら、だいたいみんな大好きな“どんでん返し”の展開。 ただ、普通はどんでん返しがあることは匂わせる程度であるのに対し、この本はタイト…

古代史、陰謀論好きにはたまらない!『バビロンの秘文字 / 堂場 瞬一』はこんな本!(ネタバレなし)

バビロンの秘文字 / 堂場 瞬一 どんな本? この本の読みどころ バビロンの秘文字 / 堂場 瞬一 どんな本? バビロンとは、現在のイラクに位置する文明発祥の地とされる古代メソポタミア地方の王国。 その地で用いられていた楔形文字のシュメール(シュメル)…

男子の日傘は恥ずかしい?そんなのほんとにナンセンス。絶対日傘、おすすめです!

もう手放せない! 日傘、サイコー! 選んだ基準はこちら 私が選んだのはこちら まとめ もう手放せない! 日傘、サイコー! 凶暴なまでの今年の猛暑。 はっきり言って、すぐに頭が痛くなるぐらい暑さに弱いので、ついに今年、メンズ日傘デビューしました! も…

村上春樹さんの自伝風“世にも奇妙な物語”的短編集『一人称単数 / 村上 春樹』はこんな本!

一人称単数 / 村上 春樹 どんな本? この本の読みどころ 一人称単数 / 村上 春樹 どんな本? 短編小説集としては、『女のいない男たち』以来6年ぶりの新作。 文藝春秋の文芸誌『文學界』に2018年〜2020年までに掲載された短編に、書き下ろしの表題作を加えた…

古本屋店主が主人公のミステリー連作短編集『淋しい狩人 / 宮部 みゆき 』はこんな本!※簡単なまとめ。ネタバレなし

淋しい狩人 / 宮部 みゆき どんな本? この本の読みどころ 淋しい狩人 / 宮部 みゆき どんな本? 古本屋が舞台の小説といって真っ先に思い浮かぶのは、現在では『ビブリア古書堂の事件手帖』が筆頭ではないでしょうか。 でも、宮部みゆきさんファンならば、…

【夏に聴きたい洋楽】私的 おすすめ名盤 15選

音楽に夏を感じるには、いくつか要因があります。 大きくはサウンドが夏っぽいというものですが、それ以外にもジャケットだったり、アルバム名だったり。 そんな夏だからこそ聴きたい、私的おすすめの名盤をご紹介します。 15 Big Echo モーニング・ベンダー…

SFのショートショートだけじゃない、星新一の時代/歴史小説!『城のなかの人 / 星 新一』はこんな本!

城のなかの人 / 星 新一 どんな本? この本の読みどころ 城のなかの人 / 星 新一 どんな本? 星新一さんといえば、SF作家でショートショートというイメージしかないという方もいるかと思いますが、意外にも歴史/時代小説も書いています。 この作品は、1973年…

岡嶋二人作品が好きな人は必読。『おかしな二人 / 井上 夢人』はこんな本!

おかしな二人 / 井上 夢人 どんな本? この本の読みどころ おかしな二人 / 井上 夢人 どんな本? ミステリー好きならば井上夢人さんと言ってピンとこなくても、岡嶋二人さんならばたいていご存知でしょう。 3〜40年ほど前に数々の名作を世に送り出したミステ…

ファンタジーものもやっぱり面白い。『クスノキの番人 / 東野 圭吾』はこんな本!(ネタバレなし)

クスノキの番人 / 東野 圭吾 どんな本? この本の読みどころ クスノキの番人 / 東野 圭吾 どんな本? 人殺しの話ばかり 書いていると、 時折ふと、 人を生かす話を 書きたくなるのです 東野圭吾 このコメントは本書に寄せた著者のコメントです。 東野さんと…

野球を題材にした異色の伊坂さん版マクベス『あるキング / 伊坂 幸太郎』はこんな本!(ネタバレなし)

あるキング / 伊坂 幸太郎 どんな本? この本の読みどころ あるキング / 伊坂 幸太郎 どんな本? まもなく待ちに待ったプロ野球が開幕しますね。 そんなプロ野球の開幕が待ちきれない方に、野球を題材にした小説をご紹介したいと思います。 と言っても、そこ…

恋愛小説?ミステリー?はたまた哲学書?『真夜中の五分前 / 本多 孝好』はこんな本!(ネタバレなし)

真夜中の五分前 / 本多 孝好 どんな本? この本の読みどころ 真夜中の五分前 / 本多 孝好 どんな本? こんな方におすすめ:恋愛小説、お仕事系小説、哲学が好きな方へ 本多 孝好さんといえば、『正義のミカタ I'm a loser』やドラマ化された『dele』シリーズ…

待望の第2部まもなく刊行!『三体 / リュウ・ジキン(劉 慈欣)』はこんな本!(ネタバレなし)

三体 / リュウ・ジキン(劉 慈欣) どんな本? この本の読みどころ 三体 / リュウ・ジキン(劉 慈欣) どんな本? この本は、中国の作家が書いたSF小説です。 そう聞いても、あまりピンとこないかもしれません。 それでも普段あまりSFに特化して読んでいない…

「辻村深月さん絶賛!!」という本を読んでみた。『虹いろ図書館のへびおとこ / 櫻井 とりお』はこんな本!(ネタバレなし)

虹いろ図書館のへびおとこ / 櫻井 とりお どんな本? この本の読みどころ 虹いろ図書館のへびおとこ / 櫻井 とりお どんな本? “辻村深月さん絶賛!!” 帯に書かれたその文字を目にし、これは間違いないのではと思い、読んでみました。 結果、まさにその言葉ど…

『ハイパーハードボイルドグルメリポート』の原点がここにある。『もの食う人びと / 辺見 庸』はこんな本!

もの食う人びと / 辺見 庸 どんな本? この本の読みどころ もの食う人びと / 辺見 庸 どんな本? こんな方におすすめ:旅、グルメ、ノンフィクション、ドキュメンタリーが好きな方へ 世の中にはそこに行ってみないことには一生わからない場所がありますが、…

『逆ソクラテス』の逆は。『ソクラテスの弁明 クリトン / プラトン』はこんな本!

ソクラテスの弁明 クリトン / プラトン どんな本? この本の読みどころ ソクラテスの弁明 クリトン / プラトン どんな本? 彼は何も知らないのに、何かを知っていると信じており、これに反して私は、何も知りもしないが、知っているとも思っていないからであ…

最高の読後感を堪能できる!『逆ソクラテス / 伊坂 幸太郎』はこんな本!(ネタバレなし)

逆ソクラテス / 伊坂 幸太郎 どんな本? この本の読みどころ 逆ソクラテス / 伊坂 幸太郎 どんな本? “デビューしてから二十年、この仕事を続けてきた一つの成果のように感じます” このように伊坂さんが語る本書は、新境地ともいえる少年や少女、子供を主人…

このトリック、まさに奇想。『奇想、天を動かす / 島田 荘司』はこんな本!(ネタバレなし)

奇想、天を動かす / 島田 荘司 どんな本? この本の読みどころ 奇想、天を動かす / 島田 荘司 どんな本? こんな方におすすめ:ミステリーが好きな方へ 新本格ミステリーの祖、島田さんの「御手洗潔(みたらいきよし)シリーズ」と双璧をなす「吉敷竹史(よ…

生きる意味を深く考えさせられます。『ハイパーハードボイルドグルメリポート / 上出 遼平』はこんな本!

ハイパーハードボイルドグルメリポート / 上出 遼平 どんな本? この本の読みどころ ハイパーハードボイルドグルメリポート / 上出 遼平 どんな本? こんな方におすすめ:バラエティ、旅、グルメ、ノンフィクション、ドキュメンタリーが好きな方へ テレビ東…

ライブハウスってやっぱり熱いです。『ブードゥーラウンジ / 鹿子 裕文』はこんな本!

ブードゥーラウンジ / 鹿子 裕文 どんな本? この本の読みどころ ブードゥーラウンジ / 鹿子 裕文 どんな本? こんな方におすすめ:ロック好き、青春、家族の絆もの、ノンフィクションが好きな方へ この本のタイトルをご覧になってローリング・ストーンズに…

スポンサーリンク