2018-11-12から1日間の記事一覧

【○○と××な本】4冊目: アキラとあきら/池井戸 潤

例えば、「赤と黒」、「戦争と平和」そして「罪と罰」。 このように割り切りの良さと切れ味のするどさで何々と何々というタイトルにどこか惹かれます。単に対だったり、親和性のある距離感が近いものも、想像を裏切るような距離感が遠いものの、どれも概して…

スポンサーリンク