乱読日記

【行ってから読むか、読んでから行くか。国立西洋美術館】美しき愚かものたちのタブロー / 原田 マハ

第161回(2019年上半期)の直木賞は大島真寿美さんの『渦 妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん) 魂結(たまむす)び』が授賞しました。 浄瑠璃作者・近松半二の生涯を描いた作品とのことで、まだ、読んでいませんがぜひ読んでみたいと思います。 さて…

【乱読日記】恋愛ものと病気ものの抱き合わせにはめっぽう弱い。- 平場の月 / 朝倉 かすみ -

2019年上半期の直木賞ノミネート作で6人全員が女性というのは、史上初めてということで話題となりましたが、その候補の一作が、朝倉 かすみさんの『平場の月』 です。 第32回山本周五郎賞も受賞している評判の作品で、50代の切ない恋愛が描かれています。 朝…

【乱読日記】タイムリープものというだけで、テンションがあがります。-リピート / 乾 くるみ -

以前、東野圭吾さんの『パラレルワールド・ラブストーリー』のことを書いた記事で、〈僕はタイムスリップもので、過去にもどって競馬で当ててお金を手に入れるというようなエピソードがあると思っていたのですが、そんなストーリーとはまったく違っていた〉…

【乱読日記】誰もが主人公。

スポンサーリンク 毎度何かと話題の大河ドラマ。来年放映せれる2020年という節目の作品が『麒麟(きりん)がくる』に決まり、キャストも続々発表されています。 大河ドラマを観ていて面白いのは、別の作品では脇役でしかない人が、時に主役として描かれると…

【乱読日記】話題の本は、割と読む派。

スポンサーリンク とりあげている本を見ていただいて察しがついている方もいるかと思いますが、割と、というか思い切りミーハーです。発売日に買うほど熱心ではなくても、話題性のある本はできるだけ早めに読んでみたいと思います。 ここ最近の話題の本とい…

【乱読日記】大長編に躊躇するジレンマ。

スポンサーリンク 大長編(複数巻)ものを読み終えた時のカタルシスは何ものにもかえがたい。それはわかっているものの、それに手を出したら最後、読み終わるまでには、相当の時間を費やすことは必然。 並行読みをしていくにあたり、あまりの面白さにそれに…

【乱読日記】暗号を読み解くように読書する。

スポンサーリンク ミステリーを読み進めるとき、このセリフはひっかかるなと思ったり、この部分はなにやら匂うなと思ったり、作者が張り巡らせた伏線に気付けるかどうかが、読む醍醐味であることは言うまでもないことですが。 その伏線がまさに暗号をとく鍵…

【乱読日記】タイトルから想像する楽しみ。

スポンサーリンク 本を選ぶとき、タイトルから内容を類推ことはよくあります。そのタイトルになぜか心ひかれた場合、手を伸ばさないわけにはいきません。 『未必のマクベス』というタイトル。このタイトルで想像できるのは「未必の故意」と当然シェイクスピ…

【乱読日記】VRはあの頃、まだまだ未来だった。

スポンサーリンク 私的に最近のニュースで感銘を受けたのが、「自宅を見たい」という緩和ケア病棟で過ごす終末期のがん患者のために、家族が360度カメラで自宅を撮影し、VRヘッドセットで体験させてあげたという記事です。 本人目線で、歩いているように、寝…

【乱読日記】読みたい本はたまっていくばかりだから。

スポンサーリンク 例えば映画化やドラマ化されると発表された本、例えばブログやツイッターによるどなたかのオススメ本、例えば日々のニュースや出来事にまつわる本、などなど。 読みたい本は毎日どんどんたまっていき、さらには古本屋をめぐってまとめ買い…

スポンサーリンク