ブック、ロックときどきカレー -好きなものを、好きなだけ。

読書とロックとカレーをこよなく愛する「ブックロックカリー」です。カレーは毎日食べても飽きないくらい。日々の読書とオススメの音楽などをお届けします。StarとB!ブックマークもありがとうございます。いつも励みに頑張っています。読者登録もお気軽にお願いします。

読書の日記

【読書の日記】38日目:田中修治『破天荒フェニックス』読了

「破天荒フェニックス」 田中修治 「破天荒フェニックス」読了。 ちょっと時間がかかってしまいましたが、ようやく読み終わりました。 ネタバレをするつもりはありませんので、感想だけ。 後半の一文、 「ハハハ。それにしても、また大ピンチ到来かー。もう…

【読書の日記】37日目: 平野 啓一郎『ある男』読み始め

「ある男」 平野 啓一郎 「ある男」読み始め。 気になっていたこの本、ようやく読み始めました。序盤冒頭のあらすじのみ書き記したいと思います。 序 この物語の主人公「城戸さん」と小説家の私が、バーで出会うところから始まる。 彼は自己紹介するも名前も…

【読書の日記】36日目:田中修治『破天荒フェニックス』読み始め

「破天荒フェニックス」 田中修治 「破天荒フェニックス」読み始め。 すごい人気のこの一冊、随分評判がいいので遅ればせながら、読み始めてみました。池井戸潤さんの小説の実話版のようなものということを何かで読み、これは読まずにいられないと思いました…

【読書の日記】35日目: 三浦しをん『愛なき世界』読了

「愛なき世界」 三浦しをん 「愛なき世界」読了。 すっかり読むのに時間がかかってしまったが、ようやく読み終わりました。 5章からなるうち、1章までは前回、書き記しておきました。 まず、タイトルの「愛なき世界」とは、植物の世界のことです。第1章で大…

【読書の日記】34日目: 三浦しをん『愛なき世界』読み始め

読んでいる本。 「愛なき世界」 三浦しをん 「愛なき世界」読み始め。 平野啓一郎さんの流れで『ある男』を読もうとしていたものの、『愛なき世界』が周りの評判を聞くとかなりの好評を得ているようですので、またまた寄り道してしまいました。 この本、装丁…

【読書の日記】33日目: 平野 啓一郎『ドーン』読了

読んでいる本。 「ドーン」平野 啓一郎 「ドーン」読了。 文庫本で解説まで含めて、653頁。なかなかのボリュームで久々にしびれました。 この作品、単行本が出たのは2009年、文庫化されたのが2012年。作品の舞台が2033年という近未来SF小説です。近くて遠い…

【読書の日記】32日目: 東野圭吾『沈黙のパレード』読了

読んでいる本。 「ドーン」平野 啓一郎 「沈黙のパレード」東野圭吾 「沈黙のパレード」読了 ガリレオシリーズの中でも特に評価の高かった「容疑者Xの献身」。それを彷彿とさせる、事件の裏の裏にまで隠された真実を知るにいたり、始めは面白いながらもこん…

【読書の日記】31日目: 東野圭吾『沈黙のパレード』読み始め

読んでいる本。 「ドーン」平野 啓一郎 「沈黙のパレード」東野圭吾 「ドーン」 途中ですが、ちょっと浮気してしまっています。引き続き、並行して読みます。 ドーン (講談社文庫) posted with ヨメレバ 平野 啓一郎 講談社 2012-05-15 Amazon Kindle 楽天ブ…

【読書の日記】30日目: 『あの映画みた?』読了

読んでいる本。 「ドーン」平野 啓一郎 「あの映画みた?」井上荒野×江國香織 「あの映画みた?」読了 私的な備忘録 パート1の続き 「食べもの」 作家さんというのは、本当に細かいところまで覚えているものだと感心(もちろん見直しているからだとは思いま…

【読書の日記】29日目: 『ヤタガラス』読了、からの平野 啓一郎さん

読んでいる本。 「ドーン」平野 啓一郎 「あの映画みた?」井上荒野×江國香織 「下町ロケット ヤタガラス」池井戸 潤 「下町ロケット ヤタガラス」読了。 ネタバレをするつもりはありませんので、各章を読み終わったときの気持ちだけ。 第7章 視察ゲーム 敵…

【読書の日記】28日目: 読み始めた本「あの映画みた?」

読んでいる本。 「あの映画みた?」井上荒野×江國香織 「下町ロケット ヤタガラス」池井戸 潤 「あの映画みた?」を読み始めました 最近ほとんど、映画が観れていません。観たい熱を上げるためのきっかけに、と手にとった一冊。 三十年来の仲良しだという作…

【読書の日記】27日目: 「学びを結果に変えるアウトプット大全」読了。

読んでいる本。 「下町ロケット ヤタガラス」池井戸 潤 「学びを結果に変えるアウトプット大全」樺沢紫苑 「学びを結果に変えるアウトプット大全」読了。 自分の備忘録。 CHAPTER4 圧倒的に結果を出す人の行動力 この章の項目は、60から80まで。 「行動する…

【読書の日記】26日目:アマゾンランキング1位(先日)の「プチ哲学」を読んでみた

読んでいる本。 「プチ哲学」佐藤 雅彦 「下町ロケット ヤタガラス」池井戸 潤 「学びを結果に変えるアウトプット大全」樺沢紫苑 「プチ哲学」読了。 先日、いつもの習慣でAmazonランキングを眺めていると、なぜか新刊でもない、この一冊が1位になっていた。…

【読書の日記】25日目:下町ロケット ゴースト/学びを結果に変えるアウトプット大全

読んでいる本。 「下町ロケット ゴースト」池井戸 潤 「学びを結果に変えるアウトプット大全」樺沢紫苑 「下町ロケット ゴースト」読了。 ラストまでは、一気に読みました。ドラマが始まる直前でネタバレはしたくありませんので、心に残ったセリフの部分だけ…

【読書の日記】24日目:「下町ロケット ゴースト」中盤へ

読んでいる本。 「下町ロケット ゴースト」池井戸 潤 「学びを結果に変えるアウトプット大全」樺沢紫苑 「下町ロケット ゴースト」ようやく中盤。 ちょっと読むペースが落ちてきていますが、少しずつ読んでいます。 第3章 挑戦と葛藤 第2章の相手にとりあえ…

【読書の日記】23日目:「下町ロケット ゴースト」読みはじめ。

読んでいる本。 「下町ロケット ゴースト」池井戸 潤 下町ロケット ゴースト 「学びを結果に変えるアウトプット大全」樺沢紫苑 学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books) 「下町ロケット ゴースト」読みはじめ。 自他ともに認めるミーハー気質…

【読書の日記】22日目:「忘れられた巨人」読了。

読んでいる本。 「忘れられた巨人」カズオ・イシグロ 「学びを結果に変えるアウトプット大全」樺沢紫苑 「忘れられた巨人」読了 やっと読み終わりました。謎だった部分がきれいに回収され、ほぼすっきりと読み終わりました。 そして、何より、自分が読んでい…

【読書の日記】21日目:忘れられた巨人/学びを結果に変えるアウトプット大全

読んでいる本。 「忘れられた巨人」カズオ・イシグロ 「学びを結果に変えるアウトプット大全」樺沢紫苑 「忘れられた巨人」 ようやく第3部へ。息子に会いにいく老夫婦と一夜の宿を求めた村で託された少年といっしょに旅路を行くことになった若い戦士、されに…

【読書の日記】20日目:空白の五マイル読了。

読んでいる本。 「空白の五マイル」角幡唯介 「忘れられた巨人」カズオ・イシグロ 「学びを結果に変えるアウトプット大全」樺沢紫苑 「空白の五マイル」読了。 章ごとに著者の探検とツアンポー渓谷の探検史が交互に展開していく。 ツアンポー探検史は、ある…

【読書の日記】19日目:空白の五マイル/忘れられた巨人

読んでいる本。 「空白の五マイル」角幡唯介 「忘れられた巨人」カズオ・イシグロ 「忘れられた巨人」 思えば、「わたしを離さないで」も、はじめはずっと全寮制の学校の話かと思っていたら実はSFでディストピア小説だったりしたわけで、この「忘れられた巨…

【読書の日記】18日目:空白の五マイル/忘れられた巨人

読んでいる本。 「空白の五マイル」角幡唯介 「忘れられた巨人」カズオ・イシグロ 「空白の五マイル」 2002年12月、ついに著者がチベットに旅立つ。1959年にチベットを占領した中国共産党は、ツアンポー峡谷を厳重に立ち入り禁止にしていた。それが1990年代…

【読書の日記】17日目:ようやくカズオ・イシグロ「忘れられた巨人」を読み始める

ようやくカズオ・イシグロ「忘れられた巨人」を読み始める 読んでいる本。 「空白の五マイル」角幡唯介 「忘れられた巨人」カズオ・イシグロ 「空白の五マイル」第1章は、人跡未踏のツアンポー峡谷を過去に目指した人たちの記録をたどります。あるものは、あ…

【読書の日記】16日目:「さよなら未来」、読了

「さよなら未来」、読了 読んでいる本。 「さよなら未来--エディターズ・クロニクル 2010-2017」若林恵 「空白の五マイル」角幡唯介 「さよなら未来」、よ〜うやく読了。 テーマが多岐にわたりすぎて総括できないけど、後半のテーマの一部を列挙するとアート…

【読書の日記】15日目:読む落語、見る落語

読む落語、見る落語 読んでいる本。 「さよなら未来--エディターズ・クロニクル 2010-2017」若林恵 「落語評論はなぜ役に立たないのか」広瀬和生 「落語評論はなぜ役に立たないのか」を読了。 主張は主に、観客は演者を見に行くのであって、演者その人の個性…

【読書の日記】14日目:「シャーロック・ホームズ対伊藤博文」読了

「シャーロック・ホームズ対伊藤博文」読了 前日に引き続き、読んでいる3冊。 「さよなら未来--エディターズ・クロニクル 2010-2017」若林恵 「シャーロック・ホームズ対伊藤博文」松岡圭祐 「落語評論はなぜ役に立たないのか」広瀬和生 「シャーロック・ホ…

【読書の日記】13日目:主に「シャーロック・ホームズ対伊藤博文」を読む

主に「シャーロック・ホームズ対伊藤博文」を読む 前日に引き続き、読んでいる3冊。 「さよなら未来--エディターズ・クロニクル 2010-2017」若林恵 「シャーロック・ホームズ対伊藤博文」松岡圭祐 「落語評論はなぜ役に立たないのか」広瀬和生 「シャーロッ…

【読書の日記】11日目 / 12日目

11日目:落語がマイブーム 読んでいる本。 「シャーロック・ホームズ対伊藤博文」松岡圭祐 「落語評論はなぜ役に立たないのか」広瀬和生 落語ブームが相変わらず続いている。お好きな方にはすでにブームと呼ばれることに抵抗があるかもしれませんが、ブーム…

【読書の日記】9日目 / 10日目

9日目:「捏造発掘」と「片翼チャンピオン」読了 「捏造発掘」読了。 正直、前半と後半で読んでいる気持ちががらりと変わった。中盤までは、どこか断罪する気持ちだけで読んでいたが、それ以上に驚かされるのが、出土遺物の検証方法さえないということだ。そ…

【読書の日記】7日目 / 8日目

7日目:ノンフィクションと実話の面白さ 読んでいる3冊。 「捏造発掘」毎日新聞旧石器遺跡取材班 「さよなら未来--エディターズ・クロニクル 2010-2017」若林恵 「片翼チャンピオン」平山譲 「捏造発掘」は読むのが少し後回しになってしまっていたが、序盤、…

【読書の日記】5日目 / 6日目

5日目:「史記」、名前の読み方が覚えられない 「ものがたり史記」も中盤にさしかかってきた。「キングダム」の時代背景に徐々に近づいてきて、呂不韋(りょふい)という馴染みのある名前に嬉しくなる。 読んでいて思うのだが、だいたいの本は登場人物や地名…

スポンサーリンク