ブック、ロックときどきカレー

読書とロックとカレーをこよなく愛する「ブックロックカリー」です。カレーは毎日食べても飽きないくらい。日々の読書とオススメの音楽などをお届けします。読者登録もお気軽にお願いします。

音楽

【オススメアーティスト ディスコグラフィ】ザ・ピロウズ(the pillows)

ザ・ピロウズ ディスコグラフィ 世界に誇る日本のオルタナティブ・ロックバンド、ザ・ピロウズ。 第一線で活躍する名だたるロックバンドの面々が、ピロウズへのリスペクトを口にするほど、その影響は計り知れません。かつて彼らの15周年記念のトリビュート・…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】079:ケミカル・ブラザーズ / 080:シェッド・セブン

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。 毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、イ…

【サイモン&ガーファンクルの遺伝子】第5回:パハロ・サンライズ(Pájaro Sunrise)

サイモン&ガーファンクルの遺伝子 アコースティック・サウンドを中心に美しいハーモニーを聴かせるデュオ・スタイル。そんな形態がたまらなく好きです。冬でも春でもあたたかな気持ちにさせてくれますし、耳障りもよく、BGMにも最適です。 そんなデュオ・ス…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】077:ベン・フォールズ・ファイブ / 078:ザ・メリーメーカーズ

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。 毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、イ…

【オススメアーティスト ディスコグラフィ】バービーボーイズ(BARBEE BOYS)

バービーボーイズ ディスコグラフィ 子供の頃、アイドルばかり聴いていた自分が、姉の影響で初めて好きになったロック・バンドがバービーボーイズだった。男女ツインボーカルという斬新さで、杏子さんのセクシーなヴォーカルとKONTAさんのヴォーカルとサック…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】075:エリック・クラプトン / 076:ザ・マグネティック・フィールズ

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。 毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、イ…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】073:ビリー・ジョエル / 074:ロケットシップ

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。 毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、イ…

【オススメアーティスト ディスコグラフィ】斉藤和義

斉藤和義 ディスコグラフィ ファンの間ではせっちゃんの愛称で親しまれている(笑える理由はぜひ調べてみてください)斉藤和義さん。いつまでも若々しいので、年齢がわかりづらいですが、以下のアルバムのリリースの数の多さをみていただいけると納得な感じ…

【サイモン&ガーファンクルの遺伝子】第4回:ベン&ジェイソン(Ben & Jason)

サイモン&ガーファンクルの遺伝子 アコースティック・サウンドを中心に美しいハーモニーを聴かせるデュオ・スタイル。そんな形態がたまらなく好きです。冬でも春でもあたたかな気持ちにさせてくれますし、耳障りもよく、BGMにも最適です。 そんなデュオ・ス…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】071:ビョーク / 072:ザ・ベータ・バンド

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。 毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、イ…

【オススメアーティスト ディスコグラフィ】レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(Red Hot Chili Peppers)

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ ディスコグラフィ なんと8年ぶりにレッチルがサマソニに帰ってくる。2019年に20周年を迎えるサマソニ、そして今年はなんと3日間。そのヘッドライナーにレッド・ホット・チリ・ペッパーズがいち早く決定。その他のヘッドラ…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】069:ショーン・レノン / 070:ペドロ・ザ・ライオン

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。 毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、イ…

【オススメアーティスト ディスコグラフィ】グレイプバイン(GRAPEVINE)

グレイプバイン ディスコグラフィ 最近J-WAVEを聴いていると頻繁に耳にする最高にかっこいい曲、それが、「すべてのありふれた光」。2月6日に発売されるグレイプバインの16枚目のアルバム『ALL THE LIGHT』のリード曲です。発売が本当に待ち遠しいです。 (…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】067:ニール・ヤング / 068:ニュートラル・ミルク・ホテル

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。 毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、イ…

【サイモン&ガーファンクルの遺伝子】第3回:ランバート&ナッティカム(Lambert & Nuttycombe)

サイモン&ガーファンクルの遺伝子 アコースティック・サウンドを中心に美しいハーモニーを聴かせるデュオ・スタイル。そんな形態がたまらなく好きです。冬でも春でもあたたかな気持ちにさせてくれますし、耳障りもよく、BGMにも最適です。 そんなデュオ・ス…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】065:カウンティング・クロウズ / 066:イールズ

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。 毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、イ…

【サイモン&ガーファンクルの遺伝子】第2回:キングス・オブ・コンビニエンス(Kings of Convenience)

サイモン&ガーファンクルの遺伝子 アコースティック・サウンドを中心に美しいハーモニーを聴かせるデュオ・スタイル。そんな形態がたまらなく好きです。冬でも春でもあたたかな気持ちにさせてくれますし、耳障りもよく、BGMにも最適です。 そんなデュオ・ス…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】063:ザ・ヴァーヴ / 064:マザー・アース

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。 毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、イ…

【サイモン&ガーファンクルの遺伝子】第1回:ザ・ミルク・カートン・キッズ(The Milk Carton Kids)

サイモン&ガーファンクルの遺伝子 アコースティック・サウンドを中心に美しいハーモニーを聴かせるデュオ・スタイル。そんな形態がたまらなく好きです。冬でも春でもあたたかな気持ちにさせてくれますし、耳障りもよく、BGMにも最適です。 そんなデュオ・ス…

【サイモン&ガーファンクルの遺伝子】第0回:サイモン&ガーファンクル(Simon & Garfunkel)

サイモン&ガーファンクルの遺伝子 アコースティック・サウンドを中心に美しいハーモニーを聴かせるデュオ・スタイル。そんな形態がたまらなく好きです。冬でも春でもあたたかな気持ちにさせてくれますし、耳障りもよく、BGMにも最適です。 そんなデュオ・ス…

【サントラ 私的名盤】第9回:アリー/スター誕生

映画を観ていて音楽が印象的な場合は、ついついサントラ(サウンドトラック)も気になります。映画のためのオリジナルスコアしかり、映画のために寄せ集められた楽曲群もしかり、そのセンスは映画の出来不出来にも直結していると個人的に思います。 そこで、…

【読書の日記】39日目: 平野 啓一郎『ある男』読了

「ある男」 平野 啓一郎 「ある男」読了。 なくなった男は何物だったのか、そして本物の谷口大佑はどこにいるのか。城戸の探偵ごっこのような調査により、彼らの正体はあきらかになっていく。 城戸の出自もあわせたアイデンティティや、昨今何かと話題になっ…

【私的レコメンMUSIC】映画『ボヘミアン・ラプソディ』はやっぱり映画館で観るべき

映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観た感想 これほど語りたくなる映画というのも久しぶりだ。遅ればせながら、ようやく観ることができた話題のクイーンの自伝的映画『ボヘミアン・ラプソディ』。 観終えた今、思うことは、とにかく本物のライブ映像が観たい…

【私的 洋楽 ライブの名盤 50選】第3弾:11-15 オアシス、ザ・フー、ハンブル・パイ、アレサ・フランクリン、ザ・シネマティック・オーケストラ

ライブアルバムといえば、その時点でのベストアルバムの意味合いもあったりしますので入門編としても上級者向けとしても楽しむことができます。オリジナルアルバムの曲を忠実に再現するバンドもあれば、原曲とは全く違ったアレンジをしたりと、そのバンドや…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】061:レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン / 062:ダイナソーJr.

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。 毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、イ…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】059:プリファブ・スプラウト / 060:シャック

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。 毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、イ…

【私的 洋楽 ライブの名盤 50選】第2弾:06-10 グリーンデイ、クイーン、キッス、ボブ・マーリー、ジェイソン・ムラーズ

ライブアルバムといえば、その時点でのベストアルバムの意味合いもあったりしますので入門編としても上級者向けとしても楽しむことができます。オリジナルアルバムの曲を忠実に再現するバンドもあれば、原曲とは全く違ったアレンジをしたりと、そのバンドや…

【私的 洋楽 ライブの名盤 50選】第1弾:ミューズ/グランド・ファンク・レイルロード/チープトリック/ザ・スウェル・シーズン/ザ・ポリフォニック・スプリー

ライブアルバムといえば、その時点でのベストアルバムの意味合いもあったりしますので入門編としても上級者向けとしても楽しむことができます。オリジナルアルバムの曲を忠実に再現するバンドもあれば、原曲とは全く違ったアレンジをしたりと、そのバンドや…

【私的レコメンMUSIC】祝再来日! ザ・レモン・ツイッグス

ついにまたやってくる、 ザ・レモン・ツイッグス 2017年にホステス・クラブ・ウィークエンダーで初来日した時の衝撃は、今でも忘れられない。その後、フジロックにも出演したが、その彼らが 8月にリリースしたセカンドアルバムを引っさげて、ついにまた日本…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】057:メタリカ / 058:アッシュ

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。 毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、イ…

スポンサーリンク