MUSIC

【私的 2010年代 洋楽ロック名盤 50選】023:ファーザー・ジョン・ミスティ / 024:レックス・オレンジ・カウンティ

2010年代も残りわずか。 これから、まだまだ2010年代を代表するアルバムは出てくるかもしれまんが、現段階での私的名盤を選んでみたいと思います。 各回ごとに2枚ずつ選んでいきますが、あくまでランキングではなく順不同で紹介していきます。 023:Pure Com…

【私的 2010年代 洋楽ロック名盤 50選】021:アーケイド・ファイア / 022:デストロイヤー

2010年代も残りわずか。 これから、まだまだ2010年代を代表するアルバムは出てくるかもしれまんが、現段階での私的名盤を選んでみたいと思います。 各回ごとに2枚ずつ選んでいきますが、あくまでランキングではなく順不同で紹介していきます。 021:Reflekto…

【ロックな本】昨日・今日・明日 / 曽我部 恵一

ほぼ音楽が聴き放題な環境が整った近年において、ではどこから自分の好みにあった音楽を探し出すか。方法はいろいろありますが、その中でもガイドブックの存在はかかせません。 そんなガイドブックをはじめ、好きなアーティストの本やロックを感じる本を不定…

【私的 2010年代 洋楽ロック名盤 50選】019:アークティック・モンキーズ / 020:マイルズ・ケイン

2010年代も残りわずか。 これから、まだまだ2010年代を代表するアルバムは出てくるかもしれまんが、現段階での私的名盤を選んでみたいと思います。 各回ごとに2枚ずつ選んでいきますが、あくまでランキングではなく順不同で紹介していきます。 019:AM / ア…

【私的 2010年代 洋楽ロック名盤 50選】017:マムフォード・アンド・サンズ / 018:パンチブラザーズ

2010年代も残りわずか。 これから、まだまだ2010年代を代表するアルバムは出てくるかもしれまんが、現段階での私的名盤を選んでみたいと思います。 各回ごとに2枚ずつ選んでいきますが、あくまでランキングではなく順不同で紹介していきます。 017:Babel / …

【私的 2010年代 洋楽ロック名盤 50選】015:マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン / 016:アヴァランチーズ

2010年代も残りわずか。 これから、まだまだ2010年代を代表するアルバムは出てくるかもしれまんが、現段階での私的名盤を選んでみたいと思います。 各回ごとに2枚ずつ選んでいきますが、あくまでランキングではなく順不同で紹介していきます。 015:m b v / …

【私的 2010年代 洋楽ロック名盤 50選】013:ウィーザー / 014:カー・シート・ヘッドレスト

2010年代も残りわずか。 これから、まだまだ2010年代を代表するアルバムは出てくるかもしれまんが、現段階での私的名盤を選んでみたいと思います。 各回ごとに2枚ずつ選んでいきますが、あくまでランキングではなく順不同で紹介していきます。 013:Weezer (…

【私的 2010年代 洋楽ロック名盤 50選】011:イマジン・ドラゴンズ / 012:オブ・モンスターズ・アンド・メン

2010年代も残りわずか。 これから、まだまだ2010年代を代表するアルバムは出てくるかもしれまんが、現段階での私的名盤を選んでみたいと思います。 各回ごとに2枚ずつ選んでいきますが、あくまでランキングではなく順不同で紹介していきます。 011:Night Vi…

【私的 2010年代 洋楽ロック名盤 50選】009:ブルーノ・マーズ / 010:ブルーノ・メジャー

2010年代も残りわずか。 これから、まだまだ2010年代を代表するアルバムは出てくるかもしれまんが、現段階での私的名盤を選んでみたいと思います。 各回ごとに2枚ずつ選んでいきますが、あくまでランキングではなく順不同で紹介していきます。 009:Doo-Wops…

【私的 2010年代 洋楽ロック名盤 50選】007:アラバマ・シェイクス / 008:ハイエイタス・カイヨーテ

2010年代も残りわずか。 これから、まだまだ2010年代を代表するアルバムは出てくるかもしれまんが、現段階での私的名盤を選んでみたいと思います。 各回ごとに2枚ずつ選んでいきますが、あくまでランキングではなく順不同で紹介していきます。 007:Sound & …

【私的 2010年代 洋楽ロック名盤 50選】005:ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ / 006:ジェイク・バグ

2010年代も残りわずか。 これから、まだまだ2010年代を代表するアルバムは出てくるかもしれまんが、現段階での私的名盤を選んでみたいと思います。 各回ごとに2枚ずつ選んでいきますが、あくまでランキングではなく順不同で紹介していきます。 005:Noel Gal…

【私的 2010年代 洋楽ロック名盤 50選】003:アデル / 004:ジュリアン・ベイカー

2010年代も残りわずか。 これから、まだまだ2010年代を代表するアルバムは出てくるかもしれまんが、現段階での私的名盤を選んでみたいと思います。 各回ごとに2枚ずつ選んでいきますが、あくまでランキングではなく順不同で紹介していきます。 003:21 / ア…

【私的 2010年代 洋楽ロック名盤 50選】001:ジェイムズ・ブレイク / 002:ザ・レモン・ツイッグス

2010年代も残りわずか。 これから、まだまだ2010年代を代表するアルバムは出てくるかもしれまんが、現段階での私的名盤を選んでみたいと思います。 各回ごとに2枚ずつ選んでいきますが、あくまでランキングではなく順不同で紹介していきます。 001:James Bl…

【オススメアーティスト ディスコグラフィ-待望の来日公演 2019年11月に東京・大阪にて開催!-】マムフォード・アンド・サンズ (Mumford & Sons)

マムフォード・アンド・サンズ ディスコグラフィ 2007年にイギリス・ロンドンで結成された4人組のロックバンド、マムフォード・アンド・サンズ。 そのバンドスタイルは、1st、2ndアルバムでは、ギターやマンドリン、バンジョー、アコーディオンなどフォーキ…

【サントラ 私的名盤】第10回:はじまりのうた BEGIN AGAIN

映画を観ていて音楽が印象的な場合は、ついついサントラ(サウンドトラック)も気になります。映画のためのオリジナルスコアしかり、映画のために寄せ集められた楽曲群もしかり、そのセンスは映画の出来不出来にも直結していると個人的に思います。 そこで、…

【私的オススメ ミステリー小説】ラットマン / 道尾 秀介

道尾秀介さんといえば、大のロック好きとしても知られています。 特にメタリカが好きで、ギターはほとんどの曲を弾けたほどの腕前だとか。 そんなロック好きの道尾さんがロック(バンド)を題材に取り入れたミステリー小説がこの「ラットマン」です。 ラット…

【2019年 この一枚】Help Us Stranger / ザ・ラカンターズ

もしかしたら、2019年のここまでで、私的1位かもしれません。 それぐらい、一聴したときからヤラれました。 Help Us Stranger / ザ・ラカンターズ Help Us Stranger [Analog] オープニングのイントロから高揚感が感じられ、その予想をはるかに上回るかっこよ…

【私的レコメンMUSIC】ヨット・ロック(Yacht Rock)が夏に最高!

2019年に突如取り上げられるようになった『ヨット・ロック』なる謎のジャンル。耳の早い音楽リスナーの間では早速話題になっています。 ヨット・ロック(Yacht Rock)とは どんな音楽かざっくり言ってしまうと、70〜80年代のAORやメロウ系、ウェスト・コース…

【2019年 この一枚】BLUEHARLEM / Yogee New Waves

この企画では、2019年にリリースされた私的に気になるアルバムを紹介していきたいと思います。 スポンサーリンク BLUEHARLEM / Yogee New Waves BLUEHARLEM (初回限定盤) シュガー・ベイブ、山下達郎、フリッパーズ・ギター、サニーデイ・サービス、これらの…

【2019年 この一枚】Father Of The Bride / ヴァンパイア・ウィークエンド

この企画では、2019年にリリースされた私的に気になるアルバムを紹介していきたいと思います。 スポンサーリンク Father Of The Bride / ヴァンパイア・ウィークエンド ファーザー・オブ・ザ・ブライド(特典なし) 00年代を代表するインディー・ロックバンド…

【2019年 この一枚】You're The Man / マーヴィン・ゲイ

この企画では、2019年にリリースされた私的に気になるアルバムを紹介していきたいと思います。 スポンサーリンク You're The Man / マーヴィン・ゲイ ユーアー・ザ・マン 2019年の一枚と呼ぶには少し抵抗はあるものの、最高の一枚が今年リリースされました。…

【2019年 この一枚】To Believe / ザ・シネマティック・オーケストラ

この企画では、2019年にリリースされた私的に気になるアルバムを紹介していきたいと思います。 スポンサーリンク To Believe / ザ・シネマティック・オーケストラ To Believe [解説・ボーナストラック1曲収録 / 初回生産盤のみアウタースリーヴ付 / 国内盤] …

【私的オススメ ミステリー小説】ゴールデンスランバー / 伊坂 幸太郎

スポンサーリンク 『ゴールデンスランバー』 本作のタイトルは、言わずとしれたビートルズの実質的なラスト・アルバム『アビイ・ロード』の後半8曲のメドレーの中の1曲。(発売順としてのラストは『レット・イット・ビー』) もともとは400年前の子守唄「Gol…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】099:ニルヴァーナ / 100:ジェフ・バックリィ

とうとう「私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選」もいったん最終回です。 ラストをしめくくるのは、やはり90年代に散ったカリスマのこの2組です。 099:Never Mind / ニルヴァーナ ネヴァーマインド まずは、初回から長く前振りをしましたが、たった3枚のアルバ…

【2019年 この一枚】Signs / テデスキ・トラックス・バンド

この企画では、2019年にリリースされた私的に気になるアルバムを紹介していきたいと思います。 スポンサーリンク Signs / テデスキ・トラックス・バンド サインズ 現在、ロック界で最強の夫婦といえば、このデレク・トラックスとスーザン・テデスキ夫妻では…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】097:ザ・ローリング・ストーンズ / 098:フォーク・インプロージョン

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。 毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、イ…

【オススメアーティスト ディスコグラフィ】ザ50回転ズ

ザ50回転ズ ディスコグラフィ ザ50回転ズを一言で言うと、とにかくアツい、アツすぎるバンドです。 正直、彼らを知ったのが2018年にリリースされた4枚目『ザ50回転ズ』で、そこから過去作品をふりかえりましたので、あまり多くを語るのもおこがましいのです…

【2019年 この一枚】Ripples / イアン・ブラウン

この企画では、2019年にリリースされた私的に気になるアルバムを紹介していきたいと思います。 スポンサーリンク Ripples / イアン・ブラウン リップルズ イアン・ブラウンが10年ぶりにソロ・アルバムをリリース。それは、嬉しくはあるものの、どちらかとい…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】095:R.E.M. / 096:ザ・パステルズ

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。 毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、イ…

【オススメアーティスト ディスコグラフィ】ゆらゆら帝国

ゆらゆら帝国 ディスコグラフィ リーダーの坂本慎太郎さん(Vo./Gt.)を中心に日本語のオリジナルロックをコンセプトに結成されたロックバンド、ゆらゆら帝国。バンド構成は亀川千代さん(Ba.)と柴田一郎さん(Dr.)の3ピース(結成時は4ピースバンド)。 …

スポンサーリンク