ブック、ロックときどきカレー

読書とロックとカレーをこよなく愛する「ブックロックカリー」です。カレーは毎日食べても飽きないくらい。日々の読書とオススメの音楽などをお届けします。読者登録もお気軽にお願いします。

ROCK

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】099:ニルヴァーナ / 100:ジェフ・バックリィ

とうとう「私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選」もいったん最終回です。 ラストをしめくくるのは、やはり90年代に散ったカリスマのこの2組です。 099:Never Mind / ニルヴァーナ ネヴァーマインド まずは、初回から長く前振りをしましたが、たった3枚のアルバ…

【2019年 この一枚】Signs / テデスキ・トラックス・バンド

この企画では、2019年にリリースされた私的に気になるアルバムを紹介していきたいと思います。 スポンサーリンク Signs / テデスキ・トラックス・バンド サインズ 現在、ロック界で最強の夫婦といえば、このデレク・トラックスとスーザン・テデスキ夫妻では…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】097:ザ・ローリング・ストーンズ / 098:フォーク・インプロージョン

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。 毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、イ…

【オススメアーティスト ディスコグラフィ】ザ50回転ズ

ザ50回転ズ ディスコグラフィ ザ50回転ズを一言で言うと、とにかくアツい、アツすぎるバンドです。 正直、彼らを知ったのが2018年にリリースされた4枚目『ザ50回転ズ』で、そこから過去作品をふりかえりましたので、あまり多くを語るのもおこがましいのです…

【2019年 この一枚】Ripples / イアン・ブラウン

この企画では、2019年にリリースされた私的に気になるアルバムを紹介していきたいと思います。 スポンサーリンク Ripples / イアン・ブラウン リップルズ イアン・ブラウンが10年ぶりにソロ・アルバムをリリース。それは、嬉しくはあるものの、どちらかとい…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】095:R.E.M. / 096:ザ・パステルズ

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。 毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、イ…

【オススメアーティスト ディスコグラフィ】ゆらゆら帝国

ゆらゆら帝国 ディスコグラフィ リーダーの坂本慎太郎さん(Vo./Gt.)を中心に日本語のオリジナルロックをコンセプトに結成されたロックバンド、ゆらゆら帝国。バンド構成は亀川千代さん(Ba.)と柴田一郎さん(Dr.)の3ピース(結成時は4ピースバンド)。 …

【2019年 この一枚】ウィーザー(ティール・アルバム)/WEEZER

この企画では、2019年にリリースされた私的に気になるアルバムを紹介していきたいと思います。 スポンサーリンク ウィーザー(ティール・アルバム)/ Weezer 【早期購入特典あり】ウィーザー(ティール・アルバム)(ロゴ クリアステッカー付) ウィーザーといえ…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】093:スウェード / 094:ザ・ポウジーズ

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。 毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、イ…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】091:ヴァン・ヘイレン / 092:ヴェルヴェット・クラッシュ

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。 毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、イ…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】089:ニュー・オーダー / 090:フリーホイール

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。 毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、イ…

【オススメアーティスト ディスコグラフィ】サニーデイ・サービス(SUNNY DAY SERVICE)

サニーデイ・サービス ディスコグラフィ 洋楽ロックにかぶれ、一時期日本のバンドを聴くことから遠ざかっていた頃に、あらためて日本語ロックの良さに引き戻してくれたバンドがサニーデイ・サービスでした。 曽我部恵一さん(Vo./Gt.)を中心に田中貴さん(B…

【ロックな本】70年代シティ・ポップ・クロニクル / 萩原健太

ほぼ音楽が聴き放題な環境が整った近年において、ではどこから自分の好みにあった音楽を探し出すか。方法はいろいろありますが、その中でもガイドブックの存在はかかせません。 そんなガイドブックをはじめ、好きなアーティストの本やロックを感じる本を不定…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】087:エール / 088:ジューン&ザ・イグジット・ウーンズ

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。 毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、イ…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】085:ブライアン・アダムス / 086:スローン

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。 毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、イ…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】083:マニック・ストリート・プリーチャーズ / 084:ドッジー

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。 毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、イ…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】081:ジャミロクワイ / 082:ポーティス・ヘッド

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。 毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、イ…

【オススメアーティスト ディスコグラフィ】ヘブンスタンプ(Heavenstamp)

ヘブンスタンプ ディスコグラフィ 衝撃を受けたメジャー1stアルバムが、もう7年前というその時の早さにも驚かされますが、このアルバムは中毒のように当時ハマりました。休む暇なく続くキラーチューンの連続に、聴き終わると疲れを感じるほどの傑作です。 そ…

【オススメアーティスト ディスコグラフィ】折坂悠太

折坂悠太 ディスコグラフィ かつて昭和から平成へと元号が変わった節目にリリースされたアルバムが、長渕剛さんの『昭和』でした。まさに時代を象徴する素晴らしいアルバムです。 そして、平成最後の年を目前に控え昨年リリースされたのが、シンガー・ソング…

【オススメアーティスト ディスコグラフィ】フラワーカンパニーズ(Flower Companyz)

フラワーカンパニーズ ディスコグラフィ 彼らが2015年に発売したバンドヒストリー本「消えぞこない 〜メンバーチェンジなし!活動休止なし!ヒット曲なし!のバンドが結成26年で日本武道館ワンマンライブにたどりつく話〜」。このタイトルが彼らを簡潔に物語…

【サイモン&ガーファンクルの遺伝子】第6回:マルコマルシェ(MarcoMarche)

サイモン&ガーファンクルの遺伝子 アコースティック・サウンドを中心に美しいハーモニーを聴かせるデュオ・スタイル。そんな形態がたまらなく好きです。冬でも春でもあたたかな気持ちにさせてくれますし、耳障りもよく、BGMにも最適です。 そんなデュオ・ス…

【オススメアーティスト ディスコグラフィ】ザ・ピロウズ(the pillows)

ザ・ピロウズ ディスコグラフィ 世界に誇る日本のオルタナティブ・ロックバンド、ザ・ピロウズ。 第一線で活躍する名だたるロックバンドの面々が、ピロウズへのリスペクトを口にするほど、その影響は計り知れません。かつて彼らの15周年記念のトリビュート・…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】079:ケミカル・ブラザーズ / 080:シェッド・セブン

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。 毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、イ…

【サイモン&ガーファンクルの遺伝子】第5回:パハロ・サンライズ(Pájaro Sunrise)

サイモン&ガーファンクルの遺伝子 アコースティック・サウンドを中心に美しいハーモニーを聴かせるデュオ・スタイル。そんな形態がたまらなく好きです。冬でも春でもあたたかな気持ちにさせてくれますし、耳障りもよく、BGMにも最適です。 そんなデュオ・ス…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】077:ベン・フォールズ・ファイブ / 078:ザ・メリーメーカーズ

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。 毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、イ…

【オススメアーティスト ディスコグラフィ】バービーボーイズ(BARBEE BOYS)

バービーボーイズ ディスコグラフィ 子供の頃、アイドルばかり聴いていた自分が、姉の影響で初めて好きになったロック・バンドがバービーボーイズだった。男女ツインボーカルという斬新さで、杏子さんのセクシーなヴォーカルとKONTAさんのヴォーカルとサック…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】075:エリック・クラプトン / 076:ザ・マグネティック・フィールズ

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。 毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、イ…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】073:ビリー・ジョエル / 074:ロケットシップ

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。 毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、イ…

【オススメアーティスト ディスコグラフィ】斉藤和義

斉藤和義 ディスコグラフィ ファンの間ではせっちゃんの愛称で親しまれている(笑える理由はぜひ調べてみてください)斉藤和義さん。いつまでも若々しいので、年齢がわかりづらいですが、以下のアルバムのリリースの数の多さをみていただいけると納得な感じ…

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】071:ビョーク / 072:ザ・ベータ・バンド

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。 毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、イ…

スポンサーリンク