ブック、ロックときどきカレー -好きなものを、好きなだけ。

読書とロックとカレーをこよなく愛する「ブックロックカリー」です。カレーは毎日食べても飽きないくらい。日々の読書とオススメの音楽などをお届けします。StarとB!ブックマークもありがとうございます。いつも励みに頑張っています。読者登録もお気軽にお願いします。

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】089:ニュー・オーダー / 090:フリーホイール

f:id:bookrockcurry:20181015103835p:plain

 

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。

毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、インディー系などいわゆるメジャーとは一線を画するジャンルからと、各1枚ずつご紹介していきたいと思います。原則1アーティストにつき1枚(気分で差し替えてしまうかもしれませんが)とし、順不動で思いつくまま、現代の耳で聴いてもまさに名盤といえるものを私的に選んでいきます。

 

089:Republic / ニュー・オーダー


Republic

今回ご紹介するのは、ポストパンクの代表的なバンドで知られるジョイ・ディヴィジョンを前身とするマンチェスターにて結成されたテクノ/エレクトロ・ロック・バンド、ニュー・オーダーNew Order)の『Republic』です。

  • 『Republic〔1993〕』

以前、ハッピー・マンデーズでご紹介したファクトリー・レコードが崩壊した後にロンドン・レコードからリリースされた6枚目のアルバムです。制作の段階からバーナード・サムナーと他の3人が対立し、解散直前までいったといういわくつきのアルバムで、バーナード・サムナーがほとんどひとりで苦しみながら作り、なんとかリリースにはこぎつけたものの、次作の『Get Ready』までは、8年の時間を要しました。

サウンド的にはテクノとロックが融合したデジタルビートが心地よい「Spooky」や、なんといってもキャッチーな1曲目「Regret」が最高です。少し時代がかった感じが今、逆に新鮮に聞こえたりもするのではないでしょうか。

 

 スポンサーリンク

 
090:Universal Joint / フリーホィール


ユニヴァーサル・ジョイント

そして一方は、スウェディッシュ・ポップバンド、フリーホイール(Freewheel)が生んだ超名盤『Universal Joint』です。

  • 『Universal Joint〔1997〕』

フリーホイールは、タンバリン・スタジオの知性でメロディメーカーのウルフ・トレッソンとスウェーデンを代表する名プロデューサー、トーレ・ヨハンソンがタッグを組んだバンドです。トーレはカーディガンズクラウドベリー・ジャムフランツ・フェルディナンドをはじめ、日本のアーティストとも交流があり、ボニー・ピンク原田知世などのプロデュースも手がけています。

アルバムの内容の方はスウェーデンビートルズともいえるような、創造性に富んだポップでグッドメロディがぎっしりつまった見事な楽曲揃いです。捨て曲はまったくありませんし、やりたいことをやりきったかと思えるような、心弾む曲からグッとくるバラードまで、見事としか言いようのない、傑作です。

 

 ぜひ、聴いてみてください。次回も次なる「名盤」、チェックしてみてください。

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】前の記事はこちら

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】087:エール / 088:ジューン&ザ・イグジット・ウーンズ

 

【オススメアーティスト ディスコグラフィ】サニーデイ・サービス(SUNNY DAY SERVICE)

f:id:bookrockcurry:20190116191731p:plain

 

サニーデイ・サービス ディスコグラフィ

洋楽ロックにかぶれ、一時期日本のバンドを聴くことから遠ざかっていた頃に、あらためて日本語ロックの良さに引き戻してくれたバンドがサニーデイ・サービスでした。

曽我部恵一さん(Vo./Gt.)を中心に田中貴さん(Ba.)、丸山晴茂さん(Dr.)の3人で1992年に結成し、惜しまれながらも2000年に解散してしまいました。曽我部さんのソロ活動がバンド時代と同じぐらい長くなっていましたので、2008年に再結成した時は驚きと喜びでいっぱいでした。

しかし、残念ながら丸山さんがご病気でお亡くなりになり、やるせない気持ちになったのが昨年でした。

再結成後、最近の音楽性は、若干曽我部さんのソロの延長上のような部分を感じるものもあり、ゲスト・ミュージシャンをまじえたりしてバラエティに富んだ内容となっていて初期の頃とは違った部分もありますが、長い音楽活動で、バンドがそのように変化していくことは、ある意味必然でもあると思いますし、自分自身音楽の趣味も年々変わっていくことを考えると、変わらないことを求めるのも勝手なことだとも思います。

いずれにしても渋谷系ブームの最中にデビューし、街を舞台に若者たちや恋人たちの代弁者として、はっぴいえんどを思わせる日本語ロックを打ち出した彼らの存在が、近年のシティポップブームに多大な影響を与えたことは紛れもないことだと思います。

 

(ミニアルバム、ベストアルバム、ライブアルバムを除く) 

 

 スポンサーリンク

 

 

1.若者たち 発売年:1995年

  

2.東京 発売年:1996年

 

3.愛と笑いの夜 発売年:1997年

 

4.サニーデイ・サービス  発売年:1997年

 

5.24時 発売年:1998年

 

6.MUGEN 発売年:1999年

 

7.LOVE ALBUM 発売年:2000年

 

8.本日は晴天なり 発売年:2010年

 

9.Sunny 発売年:2014年

 

10.DANCE TO YOU 発売年:2016年

 

11.Popcorn Ballads 発売年:2017年

 

12.the CITY 発売年:2018年

 

 

ぜひ、チェックしてみてください。

 

【ロックな本】70年代シティ・ポップ・クロニクル / 萩原健太

f:id:bookrockcurry:20190213141209p:plain

 

ほぼ音楽が聴き放題な環境が整った近年において、ではどこから自分の好みにあった音楽を探し出すか。方法はいろいろありますが、その中でもガイドブックの存在はかかせません。

そんなガイドブックをはじめ、好きなアーティストの本やロックを感じる本を不定期でご紹介したいと思います。

 

 スポンサーリンク

 

今回ご紹介する一冊は、数多くいらっしゃる音楽評論家の中でもかなり参考にさせていただいている萩原健太さんが、2015年に発表した『70年代シティ・ポップ・クロニクル』です。

 

70年代シティ・ポップ・クロニクル/萩原健太

 

萩原健太さんといえば、ポップ・ミュージックに精通しており、ビーチ・ボーイズエルヴィス・プレスリーのマニアとしても有名ですが、この本はまさに萩原さんの青春時代にリアルタイムで愛した日本のシティ・ポップ・ミュージックを自身の体験を交えながらディスクガイドを兼ねて紹介していく一冊です。

ここ数年のシティ・ポップ・ブームもありますが、そんなブームとは無縁で永遠のクラシックと呼ぶことができる重要作15枚の作品が、時代順に思い出とともに紹介され、その作品に派生する作品を5〜6枚紹介するという構成で計100枚ほどのアルバム紹介となっています。

中心となるのはやはり「はっぴいえんど」で、細野晴臣大滝詠一松本隆鈴木茂の各ソロや関連バンドの紹介はしっかりされています。ちなみに萩原さんには4人のインタビューを中心とした『はっぴいえんど伝説』という著書もあります。

 

メインで紹介されている15枚は、以下です。

 

風街ろまん / はっぴいえんど

 

大瀧詠一 / 大滝詠一

 

摩天楼のヒロイン / 南佳孝

 

扉の冬 / 吉田美奈子

 

Barbrcue / ブレッド&バター

 

久保田麻琴II〜サンセット・ギャング / 久保田麻琴

 

MISSLIM / 荒井由美

 

黒船 / サディスティック・ミカ・バンド

 

HORO / 小坂忠

 

SONGS / シュガーベイブ

 

バンドワゴン / 鈴木茂

 

センチメンタル・シティ・ロマンス / センチメンタル・シティ・ロマンス

 

火の玉ボーイ / 鈴木慶一ムーンライダーズ

 

泰安洋行 / 細野晴臣

 

熱い胸さわぎ / サザン・オールスターズ

 

これらのアルバムが出たのがわずか5年ほどの出来事ですから、日本のポップ史上においてなんと濃密な時期だったことか。なお、萩原さんは学生の時、アマチュア時代のサザン・オールスターズでリードギターを弾いていたということです。

 

桑田とバンド活動をともにしたことで決心がついた。プロのミュージシャンになるべきは桑田みたいなやつだ、ぼくはこの才能が作り出す音楽を聞いているだけで十分に幸せなのだから、ならばぼくは音楽の聞き手のプロになってやるぞ、と。そういう意味で、桑田佳祐とのバンド体験はぼくの人生を決める大きなきっかけになったのだった。

 

まさに人に歴史ありだなと実感しました。ちなみに桑田さんのインタビュー本『ロックの子』という本が1980年代に出ていますが、そちらは萩原さんとの対談となっています。

 

 気になった方はぜひ、読んでみてください。

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】087:エール / 088:ジューン&ザ・イグジット・ウーンズ

f:id:bookrockcurry:20181015103835p:plain

 

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。

毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、インディー系などいわゆるメジャーとは一線を画するジャンルからと、各1枚ずつご紹介していきたいと思います。原則1アーティストにつき1枚(気分で差し替えてしまうかもしれませんが)とし、順不動で思いつくまま、現代の耳で聴いてもまさに名盤といえるものを私的に選んでいきます。

 

087:Moon Safari / エール


Moon Safari

今回ご紹介するのは、1995年にパリで結成されたニコラ・ゴダンとジャン=ブノワ・ダンケルによるバンド、エール (Air) です。エレクトロニカとロックを融合し、おしゃれサウンドの代名詞ともいえる世界観を確立しました。

名盤として選ぶのはデビューアルバム『Moon Safari』です。近未来を感じさせる独特な浮遊感漂うアンビエントサウンドと、どこかフォーキーで懐かしい感じのバランスが絶妙なのが、このアルバムの魅力です。

主にインストとコーラスのみの楽曲がメインですが、その中でもアメリカのシンガー、ベス・ハーシュがヴォーカルをとる「All I Need」、「You Make It Easy」が彩りを添えています。映画『恋のからさわぎ』のサントラでも使用された「Sexy Boy」や「Ce Mantin-La」などが特に私的な好みです。

ちなみに、フェニックスが彼らのバック・バンドをつとめるために結成されたことは余談です。

 

 スポンサーリンク

 
088:A Little More Haven Hamilton Please / ジューン&ザ・イグジット・ウーンズ


ハミルトン、もう少しだけ

そして一方は、90年代版ネオアコソフト・ロックの名盤、ジューン&ザ・イグジット・ウーンズ(June and the Exit Wounds)の『Little More Haven Hamilton Please』です。

  • 『Little More Haven Hamilton Please〔1999〕』

アメリカ・シカゴ出身のトッド・フレッチャーによる1人ユニットで、まさにポップを知り尽くしたそのサウンドは、ビーチ・ボーイズへのオマージュとゾンビーズなどかつてのソフトロックの影響を強く感じられます。

決して楽器が主張することはなく繊細なサウンドで、小粋なピアノや、ジャジーなギターなど、こだわりのサウンドがぎっしりつまった名曲群です。

ベルセバあたりが好きなギターポップ・ファンなら、ハマること間違いなしだと思います。

 

 ぜひ、聴いてみてください。次回も次なる「名盤」、チェックしてみてください。

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】前の記事はこちら

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】085:ブライアン・アダムス / 086:スローン

 

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】085:ブライアン・アダムス / 086:スローン

f:id:bookrockcurry:20181015103835p:plain

 

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。

毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、インディー系などいわゆるメジャーとは一線を画するジャンルからと、各1枚ずつご紹介していきたいと思います。原則1アーティストにつき1枚(気分で差し替えてしまうかもしれませんが)とし、順不動で思いつくまま、現代の耳で聴いてもまさに名盤といえるものを私的に選んでいきます。

 

085:Waking Up the Neighbours / ブライアン・アダムス


ウェイキング・アップ・ザ・ネイバーズ+1

今回ご紹介するのは、90年代の主役の一人ともいえる、カナダ出身のシンガー・ソングライターブライアン・アダムスBryan Adams)です。この頃は映画でも曲が使われる等、大ヒットを飛ばしていました。

今年3月にはニューアルバムの発売も控えており、今もなお、活躍をみせています。

  • 『Waking Up the Neighbours〔1991〕』
  • 『So Far So Good〔1993〕』
  • 『18 til I Die〔1996〕』
  • 『On a Day Like Today〔1998〕』

名盤として選ぶのは映画『ロビンフッド』のテーマ曲としても使われた名曲「アイ・ドゥ・イット・フォー・ユー」を含む『Waking Up the Neighbours』です。

骨太で疾走感あふれるロックンロールサウンドが中心で、ギタリストとしても派手さはないもののリフや音づくりのセンスは抜群です。

ときにブルース・スプリングスティーン、もろにデフ・レパード感満載なのはご愛嬌でしょうか(プロデューサーがデフ・レパードと同じでジョン・マット・ラング)。オーバー・プロデュースぎみで商業ロックな感じは好き嫌いがわかれる部分は否めませんが、私的にはもちろん名盤だと思います。

全英では16週連続1位と最長連続1位としてギネスブックに登録されたアルバムです。

 

 スポンサーリンク

 
086:One Chord To Another / スローン


ワン・コード・トゥ・アナザー

そして一方、こちらもカナダの国民的パワー・ポップバンド、スローン(Sloan)です。メンバー全員が曲を書き、ヴォーカルもとり、他パートの楽器も演奏できるという器用なバンドです。

  • 『Smeared 〔1992〕』
  • 『Twice Removed 〔1994〕』
  • 『One Chord To Another 〔1996〕』
  • 『Navy Blues 〔1998〕』
  • 『Between The Bridges 〔1999〕』

選ぶのは、『Navy Blues』も捨て難いですが、3rdの『One Chord To Another』です。

オープニングからパワーポップ・バンドを代表するチープトリックを思わせるようなライブ感のある演出でいきなり鷲掴みにされます。

全編にわたりビートルズの影響を強く感じさせますが(「Autobiography」や「A side Wins」等はもろそんな感じが強いですが)、抜群のコーラスワークで、バラード調の曲もあれば、トランペットやマラカスなどを取り入れたポップな曲など、幅広い楽曲センスを堪能できます。

彼らのアルバムは、ジャケットも洗練されていて秀逸です。

 

 ぜひ、聴いてみてください。次回も次なる「名盤」、チェックしてみてください。

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】前の記事はこちら

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】083:マニック・ストリート・プリーチャーズ / 084:ドッジー

 

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】083:マニック・ストリート・プリーチャーズ / 084:ドッジー

f:id:bookrockcurry:20181015103835p:plain

 

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。

毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、インディー系などいわゆるメジャーとは一線を画するジャンルからと、各1枚ずつご紹介していきたいと思います。原則1アーティストにつき1枚(気分で差し替えてしまうかもしれませんが)とし、順不動で思いつくまま、現代の耳で聴いてもまさに名盤といえるものを私的に選んでいきます。

 

083:Everything Must Go / マニック・ストリート・プリーチャーズ


エヴリシング・マスト・ゴー(20周年記念盤)

今回ご紹介するのは、イギリス・ウェールズ出身のマニック・ストリート・プリーチャーズManic Street Preachers)です。90年代はオアシスと並ぶほどの人気を誇りましたが、いわゆる「解散宣言」騒動(「30曲入りの2枚組アルバムを全世界でナンバーワンにして解散する」と言った1stは、30曲入りでもなくナンバーワンにもならず解散もしない)など、数々の賛否を巻き起こしたバンドです。

  • 『Generation Terrorists〔1992〕』
  • 『Gold Against the Soul 〔1993〕』
  • 『The Holy Bible〔1994〕』
  • 『Everything Must Go〔1996〕』
  • 『This Is My Truth Tell Me Yours〔1998〕』

そして名盤として選ぶのは、その騒動の張本人、ギタリストのリッチー・エドワーズの失踪により、活動休止後、3人で再スタートした4枚目の『Everything Must Go』です。このアルバムで、どちらかといえばカルト的な人気だったマニックスに商業的な成功をもたらした一枚でもあります。

ジェームスのメロデイメイカーとしての才能が開花した作品で、まさにマニックスを代表するアンセム曲満載です。「A Design for Life」を筆頭に、「Kevin Carter」、「Everything Must Go」とシンガロング必至の曲が多数収録されています。ちなみに「Everything Must Go」はビールのCMにも使われていましたので、耳にしたことがある方も多いと思います。

 

 スポンサーリンク

 
084:Free Peace Sweet / ドッジー


Free Peace Sweet

そして一方は、ロンドン出身のギター・ポップ3ピース・バンドのドッジー(Dodgy)です(現在は4人組)。2002年には一度解散したものの、再結成して現在も活動しており、2016年にリリースしたアルバムはその輝きを失っていないばかりか、今のロック事情の中で貴重な存在とも言えます。

  • 『The Dodgy Album〔1993〕』
  • 『Homegrown 〔1995〕』
  • 『Free Peace Sweet 〔1996〕』

90年代にアルバムを3枚リリースしていますが、ご紹介したいのは3rdアルバムの「Free Peace Sweet」です。このような例えが適切かどうかはありますが、ヴォーカルのナイジェル・クラークの声といい、ビートルズフレイバーあふれるポップさといい、オアシスがもっとポップになったらこんな感じになるかなというサウンドで、抜群のギター・ポップアルバムです。

疾走感あふれるギターサウンドを中心に、ミディアムテンポの曲もあれば、もちろんオリジナリティあふれる「Good Enough」のような曲もあり、彼らのポップさが遺憾無く発揮されたアルバムです。

 

 ぜひ、聴いてみてください。次回も次なる「名盤」、チェックしてみてください。

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】前の記事はこちら

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】081:ジャミロクワイ / 082:ポーティス・ヘッド

 

スポンサーリンク