ブック、ロックときどきカレー

読書とロックとカレーをこよなく愛する「ブックロックカリー」です。カレーは毎日食べても飽きないくらい。日々の読書とオススメの音楽などをお届けします。読者登録もお気軽にお願いします。

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】099:ニルヴァーナ / 100:ジェフ・バックリィ

f:id:bookrockcurry:20181015103835p:plain

 

とうとう「私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選」もいったん最終回です。

ラストをしめくくるのは、やはり90年代に散ったカリスマのこの2組です。

 

099:Never Mind / ニルヴァーナ


ネヴァーマインド

まずは、初回から長く前振りをしましたが、たった3枚のアルバムを残して自殺という衝撃的な死によって伝説となったカート・コバーンを中心としたアメリカのロックバンド、ニルヴァーナNirvana)です。

  • Nevermind〔1991〕』
  • 『In Utero〔1993〕』

そして、ご紹介するのは、もはや説明不要ですがグランジというジャンルにとどまらず、ロック史に名を残す『Nevermind』です。全世界で4,000万枚以上(現在はもっとでしょうか)のセールスを記録しているモンスターアルバムで、オルタナティブ・ロックをメイン・ストリームに押し上げたこのアルバムの功績は計り知れません。

このアルバムから現フー・ファイターズデイヴ・グロールをドラマーに据え、ドラミングはもちろん、コーラスワークでも貢献しています。「Smells Like Teen Spirit」や「Breed」のような激しい曲のかっこよさはもちろん、「Come As You Are」や「Lithium」のようなミディアムテンポの曲でもじっくり聴かせられるのが彼らの魅力です。

意外にメロディアスな曲もあったりしてヒット曲が多数収録されており、バランスのとれたこのアルバムは、90年代の名盤として避けて通れません。

 

スポンサーリンク

 
100:Grace / ジェフ・バックリィ


Grace

そして、もう一方は、オリジナルアルバムとしてはたった1枚を残して90年代にこの世を去ったもう一人のカリスマ、ジェフ・バックリィJeff Buckley)です。

  • Grace〔1994〕』

天使の歌声とも称されるその儚さを感じさせる美しい歌声と、エモーショナルなギターテクニックは絶品。激しくも情感たっぷりに歌い上げる「Grace」や「So Real」、「Lover, You Should've Come Over」のような曲は気持ちを揺さぶられますし、特にレナード・コーエンのカヴァー曲「Hallelujah」は本家を超えてしまうほど、彼の代表曲となりました。

ティム・バックリィを父に持つものの、死ぬまでにあったのは幼少の頃の一度だけということで直接的な影響はないものの、この才能は、やはり遺伝子のなせるわざでしょうか。

亡くなった時、セカンド・アルバムの製作中だったということもあり、本当に残念でなりません。死後に未発表曲・ライブ音源などが多数発表されましたが、そちらもぜひ聴いてみてください。

 

今回で、とりあえず「百選」終了となります。 何度も途中中断したものの、今まで読んでいただいた方、ありがとうございました。

「百選」にもれた90年代の名盤はまだまだ数多くあると思いますが、折を見て追加していければと思います。

 

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】前の記事はこちら

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】097:ザ・ローリング・ストーンズ / 098:フォーク・インプロージョン

 

【2019年 この一枚】Signs / テデスキ・トラックス・バンド

f:id:bookrockcurry:20190226190115p:plain

 

この企画では、2019年にリリースされた私的に気になるアルバムを紹介していきたいと思います。

 スポンサーリンク

 

Signs / テデスキ・トラックス・バンド


サインズ

現在、ロック界で最強の夫婦といえば、このデレク・トラックスとスーザン・テデスキ夫妻ではないでしょうか。テデスキ・トラックス・バンドはそんな夫婦が率いるホーンセクションもまじえた12人の大所帯ブルース・ロック・バンドです。

ギタリストのデレク・トラックスは、新世代3大ロックギタリストのひとりと称され、スライド・ギターの天才として名高く、オールマン・ブラザーズ・バンドのオリジナル・メンバーであるブッチ・トラックスの甥としても知られています。ブルースシンガーのスーザン・テデスキと結婚を機にお互いのバンドを合併、再編成して2010年にこのバンドを結成しました。

そして今年2月に、3年ぶりにリリースされた4枚目のアルバムが『Signs』です。

トム・ペティやウィルコなどの作品でプロデューサーを手がける名匠ジム・スコットを共同プロデューサーに迎えた本作ですが、一聴して感じられるのが、まさに大人による大人のためのロックといった感じで、テンションのあがるソウルフルな楽曲やロックチューンから、アコースティックなバラードまで、酸いも甘いも噛み分けたバラエティに富んだアルバムです。

6月には来日公演も控えており、アルバムに酔いしれて、公演を待ちわびるしかありません。

収録曲

01.サインズ、ハイ・タイムズ
02.アイム・ゴナ・ビー・ゼア
03.ホエン・ウィル・アイ・ビギン
04.ウォーク・スルー・ディス・ライフ
05.ストレングスン・ホワット・リメインズ
06.スティル・ユア・マインド
07.ハードケース
08.シェイム
09.オール・ザ・ワールド
10.ゼイ・ドント・シャイン

11.ジ・エンディング

12.ハイ&マイティ (国内盤ボーナストラック)

 

ぜひ、チェックしてみてください。

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】097:ザ・ローリング・ストーンズ / 098:フォーク・インプロージョン

f:id:bookrockcurry:20181015103835p:plain

 

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。

毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、インディー系などいわゆるメジャーとは一線を画するジャンルからと、各1枚ずつご紹介していきたいと思います。原則1アーティストにつき1枚(気分で差し替えてしまうかもしれませんが)とし、順不動で思いつくまま、現代の耳で聴いてもまさに名盤といえるものを私的に選んでいきます。

 

097:Voodoo Lounge / ザ・ローリング・ストーンズ


ヴードゥー・ラウンジ

今回ご紹介するのは、ビートルズと並ぶロック・レジェンド、ザ・ローリング・ストーンズThe Rolling Stones)の『Voodoo Lounge』です。

  • 『Voodoo Lounge〔1994〕』
  • 『Bridges to Babylon〔1997〕』

ストーンズといえば、各年代において数え切れない名盤がありますし、その時代時代で新しいジャンルを取り入れて、常に新鮮な驚きを与えてくれますが、この90年代の名盤『Voodoo Lounge』もその一枚です。このアルバムは私的にも東京ドームの日本公演を観に行きましたので、予習のためによく聴いた、特に思い入れの強いアルバムです。

冒頭の「Love Is Strong」のようにブルージーでストレートなロック・サウンドを中心に、当時は50代前半でしたが、信じられないぐらい溌剌とした若々しいエネルギーを放っています。「New Faces」や「Out of Tears」のような瑞々しいとも言える曲もあれば、逆にキースの歌う枯れたフォーキーな「The Worst」などもあり、バラエティにとんだ味わい深さがあります。

 

 スポンサーリンク

 
098:One Part Lullaby / フォーク・インプロージョン


One Part Lullaby

そして一方は、ダイナソーJr.のオリジナルメンバーのルー・バーロウが、脱退時にジョン・ディヴィスと結成したバンド、フォーク・インプロージョン(The Folk Implosion)です。

  • 『Take A Look Inside〔1994〕』
  • 『Dare To Be Surprised〔1997〕』
  • 『One Part Lullaby〔1999〕』

ご紹介するのは『One Part Lullaby』です。牧歌的でフォーキーなサウンドエレクトロニカでフリーキーなサウンドのごった煮といった感じで、ローファイ感満載のアルバムです。グランジテイストからポップで甘い感じまで歌いこなすヴォーカルの力量としても相当なセンスの良さを感じます。

ダイナソーJr.とはテイストがまったく異なり、どちらかといえばベックあたりを思わせる、ちょっとダークな曲もあればポップな曲、インストもありと、捨て曲一切なしの聴いていて飽きのこない名盤だと思います。 

 

 ぜひ、聴いてみてください。次回も次なる「名盤」、チェックしてみてください。

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】前の記事はこちら

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】095:R.E.M. / 096:ザ・パステルズ

 

【オススメアーティスト ディスコグラフィ】ザ50回転ズ

f:id:bookrockcurry:20190116191731p:plain

 

ザ50回転ズ ディスコグラフィ

ザ50回転ズを一言で言うと、とにかくアツい、アツすぎるバンドです。

正直、彼らを知ったのが2018年にリリースされた4枚目『ザ50回転ズ』で、そこから過去作品をふりかえりましたので、あまり多くを語るのもおこがましいのですが、とにかく1曲目から最後まで最高で、ロック、パンク、ガレージ、メタル、昭和歌謡曲(和田アキコさん的な)のような感じまでと振り幅はあるものの、どこかノスタルジックな感じもありつつ、一本芯の通ったメロディアスなサウンドで、一気にハマってしまいました。

失礼ながら彼らの風貌とバンドプロフィールのようなものを読むとコミック・バンドと勘違いしてしまいそうですが、そんなことは決してなく、とてもロックンロールに対して真っ直ぐで最高にかっこいい3ピース・ロックバンドです。

そのプロフィールですが、大阪府富田林にあるとされる「ロックンロール少年院」に収容されていた(という設定)、徳島の酔いどれ「ダニー」(G./Vo.)、出雲の妖怪「ドリー」(B./Vo.)、浪速のドラ息子「ボギー」(D./Vo.)の3人が少年院にて奇跡の出会いを果たして、結成。という、なんとも最高な感じです。

名前の感じからもなんとなく感じられると思いますが、ラモーンズを敬愛していて、その音楽性ももろに影響が感じられますが、ブルーハーツサンボマスターなど、その辺のアツいロックやパンクが好きな人には、激オススメです。

まずは彼らの運命を変えたロックンロールとの出会いを綴った大名曲「Vinyl Change The World」をぜひ聴いてみてください。

(ミニアルバム、ライブアルバムを除く) 

 

 スポンサーリンク

 

 

1.50回転ズのギャー!! 発売年:2006年


  

2.50回転ズのビリビリ!! 発売年:2007年


 

 

3.50回転ズのビックリ!! 発売年:2009年


  

4.ザ50回転ズ 発売年:2018年


 

 

 

ぜひ、チェックしてみてください。

 

【2019年 この一枚】Ripples / イアン・ブラウン

f:id:bookrockcurry:20190226190115p:plain

 

この企画では、2019年にリリースされた私的に気になるアルバムを紹介していきたいと思います。

 スポンサーリンク

 

Ripples / イアン・ブラウン


リップルズ

イアン・ブラウンが10年ぶりにソロ・アルバムをリリース。それは、嬉しくはあるものの、どちらかといえば、ザ・ストーン・ローゼズの活動が後ろ向きであることを予感させるものでもあり、とても複雑な感じもします。

今年はローゼズのファーストがリリースされてから30周年という節目の年でもあり、すっかり白髪頭になってしまい、やんちゃだったイアン・ブラウンも今年で御年56歳。ストーン・ローゼズのヴォーカルとしてだけでなく、解散後もソロでコンスタントに作品をリリースし続けてくれていました。

今作は肩肘をはらない、いい意味でリラックスして聴けるものでした。

オープニング曲からプライマルスクリームの「Moving on up」やストーンズの「悪魔を憐れむ歌」を思わせるような軽く祝祭感につつまれるアウトロが印象的な曲で始まり、レゲエのカヴァー2曲のうち、バリントン・レヴィの「ブラック・ローゼズ」は原曲をとどめないほどロック調となり、マイキー・ドレッドの「ブレイク・ダウン・ザ・ウォールズ(ウォーム・アップ・ジャム)」は力の抜けたイアン節となっていて面白いです。

その他にもアコースティック調なバラードやグルーヴィでダンサブルな楽曲など、イアンらしさを堪能できるバラエティに富んだ内容となっています。

私的に最もお気に入りの1曲は「フロム・カオス・トゥ・ハーモニー」で、まるでT.Rexを思わせるように、ワウワウ・ギターにのせて、情感たっぷりに歌い、途中からテンポがあがっていく感じが最高です。

ローゼズの新作が出ることを祈願しつつ、このアルバムを楽しんで待つしかありません。

 

収録曲

01.ファースト・ワールド・プロブレムズ
02.ブラック・ローゼズ
03.ブリーズ・アンド・ブリーズ・イージー(ザ・エヴァーネス・オブ・ナウ)
04.ザ・ドリーム・アンド・ザ・ドリーマー
05.フロム・カオス・トゥ・ハーモニー
06.イッツ・レイニング・ダイヤモンズ
07.リップル
08.ブルー・スカイ・デイ
09.ソウル・サティスファクション
10.ブレイク・ダウン・ザ・ウォールズ(ウォーム・アップ・ジャム)

 

ぜひ、チェックしてみてください。

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】095:R.E.M. / 096:ザ・パステルズ

f:id:bookrockcurry:20181015103835p:plain

 

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。

毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、インディー系などいわゆるメジャーとは一線を画するジャンルからと、各1枚ずつご紹介していきたいと思います。原則1アーティストにつき1枚(気分で差し替えてしまうかもしれませんが)とし、順不動で思いつくまま、現代の耳で聴いてもまさに名盤といえるものを私的に選んでいきます。

 

095:Automatic For The People / R.E.M.


AUTOMATIC FOR THE PEOPLE

今回ご紹介するのは、アメリカのオルタナティブ・ロックバンド、R.E.M.です。メッセージ性の高い楽曲とアート性からU.S.カレッジチャートで火がつき、惜しくも2011年に解散してしまいました。

  • 『Out Of Time〔1991〕』
  • 『Automatic For The People〔1992〕』
  • 『Monster〔1994〕』
  • 『New Adventures In Hi-Fi 〔1996〕』
  • 『Up〔1998〕』

一般的にどのアルバムも売れていますが、選ぶのは『Automatic For The People』です。アメリカでは圧倒的な人気を誇るのに日本では人気が今ひとつな感じはありますが、ミュージシャンズ・オブ・ミュージシャンともいえる存在で、ニルヴァーナカート・コバーンが、死ぬ間際に聴いていたのがこのアルバムだと言われています。

アコースティック・サウンドを中心にしつつ、歌詞とともにどこか陰鬱なサウンドですが、それらがただ暗い感じかというとそんなことはなく、どこか希望を感じさせるマイケル・スタイプの伸びやかなヴォーカルは神々しさすら感じます。そんなことを特に実感させる「Everybody Hurts」は必聴の名曲です。

また、映画『マン・オン・ザ・ムーン 』にインスパイアを与え、主題歌にもなった名曲「Man On The Moon」、からの「Nightswimming」も感動的です。

 

 スポンサーリンク

 
096:Illumination / ザ・パステルズ


Illumination

そして一方は、1981年にスティーヴン・パステルを中心にグラスゴーで結成されたザ・パステルズ(The Pastels)です。ヘタウマともいえるような荒削りながら独特のセンスはアノラック・サウンドと呼ばれ、一部では絶大な支持を得ており、寡作ながら2013年には16年ぶりとなる5枚目をリリースするなど、今も健在ぶりをアピールしています。

  • 『Mobile Safari〔1995〕』
  • 『Illumination〔1997〕』

ご紹介するのは4枚目の『Illumination』です。かつてのアルバムは本当にヘタウマといえる感じが味だったのですが、このアルバムはもう少しサウンドが洗練され、浮遊感ただよう楽曲やフリーキーなサウンドなど、より深みが増した感じとなっています。けだるい男女ヴォーカルがクセになります。

また、このアルバムのリミックスアルバム『Illuminati』がさらに傑作で、マイブラコーネリアスをはじめとして、キッドロコ、ジョン・マッケンタイアジム・オルークなど錚々たる顔ぶれが名を連ねています。原曲のよさが際立つリミックスを楽しめます。

 

 ぜひ、聴いてみてください。次回も次なる「名盤」、チェックしてみてください。

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】前の記事はこちら

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】093:スウェード / 094:ザ・ポウジーズ

 

【オススメアーティスト ディスコグラフィ】ゆらゆら帝国

f:id:bookrockcurry:20190116191731p:plain

 

ゆらゆら帝国 ディスコグラフィ

リーダーの坂本慎太郎さん(Vo./Gt.)を中心に日本語のオリジナルロックをコンセプトに結成されたロックバンド、ゆらゆら帝国。バンド構成は亀川千代さん(Ba.)と柴田一郎さん(Dr.)の3ピース(結成時は4ピースバンド)。

独特の歌詞とサイケデリックガレージ・ロックを基本としながらも、ポップな曲もあればミディアム調のしっとり聴かせる曲もあり、バラエティにとんだ作風は唯一無二で、アングラな世界観をメジャーに押し上げたバンドとしては特異な存在。その音楽性はもちろん、スタイルやバンド名を含めインディーズ・シーンに与えた影響力は計り知れないと思います。

後期は方向性の変化も見せ、2010年に「完全にできあがってしまった」との理由で惜しまれながらも解散。現在は、リーダーの坂本さんがソロで活動しています。

ものすごいロックバンドの音楽の変遷をぜひたどってみてください。

 

(ベストアルバム、ライブアルバムを除く) 

 

 スポンサーリンク

 

 

1.ゆらゆら帝国 発売年:1992年

01. 冥土の口

02. 狂っているのは君のほう

03. 虫男

04. 私は点になりたい

05. 太陽のうそつき

06. 生き物万歳

07. お花もどき

08. なぞ宇宙

 

2.ゆらゆら帝国II 発売年:1994年

01. 人間やめときな

02. 魚ちゃん

03. 壁のない部屋

04. バカのふり

05. 心は半分

06. 奴隷と神様

07. 夜中の果実

 

3.Are you ra?/アーユーラ? 発売年:1996年

01. アイツのテーマ

02. されたがっている

03. 最後の一匹

04. グレープフルーツちょうだい

05. うそのアフリカ

06. アイドル

07. ファミリー

08. わかって下さい

 

4.3×3×3  発売年:1998年

 

5.ミーのカー 発売年:1999年

 

6.太陽の白い粉 発売年:1999年

 

7.ゆらゆら帝国III 発売年:2001年

 

8.ゆらゆら帝国のしびれ 発売年:2003年

 

9.ゆらゆら帝国のめまい 発売年:2003年

 

10.Sweet Spot 発売年:2005年

 

11.空洞です 発売年:2007年

 

 

 

ぜひ、チェックしてみてください。

 

【2019年 この一枚】ウィーザー(ティール・アルバム)/WEEZER

f:id:bookrockcurry:20190226190115p:plain

 

この企画では、2019年にリリースされた私的に気になるアルバムを紹介していきたいと思います。

 スポンサーリンク

 

ウィーザーティール・アルバム)/ Weezer


【早期購入特典あり】ウィーザー(ティール・アルバム)(ロゴ クリアステッカー付)

ウィーザーといえば、バンド名を冠したセルフタイトルにジャケットの色で呼ばれるアルバムが複数ありますが、3月にブラック・アルバムがリリースされます。それとほぼ同時に今回選んだティール(青緑)・アルバムがリリースされ(CD版の発売は3月)、appleミュージック(一部楽曲を除く)やamazonミュージックではすでに聴くことができます。

なぜ、同じ時期に2枚リリースされたかと言うと、このティール・アルバム、実はカバー・アルバムなのです。アルバムジャケットもコミカルで、なんだかダサかっこいい感じです。

収録曲は10曲で、10曲中6曲が80年代のヒット曲、「Happy Together」と「Stand By Me」が60年代、「Paranoid」が70年代、「No Scrubs」が90年代と、2000年代の曲はなく、懐かしい選曲となっています。

演奏はと言いますと、詳細に聴き比べたわけではありませんが、一聴した感じは原曲にわりと忠実な感じで、リバースのヴォーカルもあまり崩すことなく素直に歌っていると思います(ビリージーンではマイケルな感じも少し出しています)。

80年代の曲は特に懐かしさ満載で、ドライブなどにも最適だと思います。私的には「Africa」、「Paranoid」、「Mr. Blue Sky」あたりがツボでした。

収録曲

01.Africa :オリジナル TOTO
02.Everybody Wants to Rule the World:オリジナルTears For Fears
03.Sweet Dreams(Are Made Of This):オリジナル The Eurythmics
04.Take On Me: オリジナル a-ha
05.Happy Together:オリジナル The Turtles
06.Paranoid:オリジナル Black Sabbath
07.Mr. Blue Sky: オリジナル Electric Light Orchestra
08.No Scrubs: オリジナル TLC
09.Billie Jean:オリジナル Michael Jackson
10.Stand By Me: オリジナル Ben E. King

 

ぜひ、チェックしてみてください。

スポンサーリンク