ブック、ロックときどきカレー -好きなものを、好きなだけ。

読書とロックとカレーをこよなく愛する「ブックロックカリー」です。カレーは毎日食べても飽きないくらい。日々の読書とオススメの音楽などをお届けします。StarとB!ブックマークもありがとうございます。いつも励みに頑張っています。読者登録もお気軽にお願いします。

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その3:とうさん まいご / その4:しろくまのパンツ

f:id:bookrockcurry:20181012205618p:plain

 

絵本はいつも何を選んだらいいか、誰かにオススメしてほしいなと多々思うことがあり、検索したり、定期配本サービスなどを利用しています。皆さんもそう思うことありませんか。

そこで、私的ではありますが、うちの子に日々読み聞かせて、何度読んでも反応のいい絵本をご紹介していきたいと思います。 

 スポンサーリンク

 

今回はしかけ絵本の2冊をご紹介したいと思います。

とうさん まいご/五味太郎

3冊目は、五味太郎さんの「とうさん まいご」です。《読ませた時期:2歳〜》 

五味太郎さんの作品は正直どれを選ぶか迷うくらい、とにかく名作がたくさんありますよね。うちにも何冊もありますが、有名どころはとりあえず他にゆずり、この作品を選びました(こちらが決して有名じゃないということではありません、念のため)。

ストーリーはタイトルの通り、デパートで迷子になってしまうお話です。でもそこは、五味さん、この本はしかけ絵本シリーズの第2弾で、しかけが各2ページずつ展開しますが、このしかけが秀逸。随所に展開する五味ワールドとなっていて、お父さんを見つけたと思っては、人違い、を繰り返します。次々とめくるのが楽しみになります。さらに最後のページはことばにまでしかけがあるのですが、それはぜひ自分の目で確かめてみてください。

実際に何度かうちもちょっと目を離したすきに迷子になってしまったことが何度かあり、きっと子供的には探すときの気持ちになって読む部分も多少あるのかもしれません。

それにしても製本が大変だったろうな、と裏側の事情まで推測してしまうぐらい手が込んでいます。

 

しろくまのパンツ/ tupera tupera

4冊目は、自分が紹介するまでもないかもしれませんが、tupera tuperaの数々の賞を受賞している名作「しろくまのパンツ」です。《読ませた時期:1歳〜》 

まず、この本を手にとって最初にパンツ型の帯に驚きます。そしてうちの子はこれをぬがせて喜び、はめるのに苦労して楽しみます。

しろくまが自分のなくしたパンツをねずみさんといっしょに探しにいくストーリーで、いろんな特徴のあるパンツで誰さんのパンツかあてていくのですが、あてっこを何度やっても飽きません。ほんとによくできています。そして、衝撃のオチは?ぜひお楽しみください。

しかけ絵本って読む楽しみだけでなく、考えたり手で触って楽しんだり、いろいろ頭の使い方にとってもいいんじゃないかなと思います。(あくまで個人の感想ですが)

 

ぜひ、子供といっしょに楽しんでください。

【うちの子がハマったテッパン絵本】その他の記事はこちら

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その1:おしっこちょっぴりもれたろう / その2:もぐらバス

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その5:うずらちゃんのかくれんぼ / その6:ピーのおはなし

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その7:パパ、お月さまとって! / その8:かいじゅうたちのいるところ

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その9:ラチとらいおん

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その10:しろくまちゃんのほっとけーき/その11:平野レミのおりょうりブック

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その12:もこもこもこ/その13:こっぷ

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その14:やさいさん/その15:くだものさん

 【うちの子がハマった テッパン 絵本】その16:つみき/その17:ひだりみぎ

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その18:ぶーぶーぶー/その19:のせて のせて

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その20:たべたの だあれ/その21:かくしたの だあれ

 

スポンサーリンク