ブック、ロックときどきカレー -好きなものを、好きなだけ。

読書とロックとカレーをこよなく愛する「ブックロックカリー」です。カレーは毎日食べても飽きないくらい。日々の読書とオススメの音楽などをお届けします。StarとB!ブックマークもありがとうございます。いつも励みに頑張っています。読者登録もお気軽にお願いします。

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その5:うずらちゃんのかくれんぼ / その6:ピーのおはなし

f:id:bookrockcurry:20181012205618p:plain

 

絵本はいつも何を選んだらいいか、誰かにオススメしてほしいなと多々思うことがあり、検索したり、定期配本サービスなどを利用しています。皆さんもそう思うことありませんか。

そこで、私的ではありますが、うちの子に日々読み聞かせて、何度読んでも反応のいい絵本をご紹介していきたいと思います。

 スポンサーリンク

 

今回はきもと ももこさんの2冊をご紹介したいと思います。

うずらちゃんのかくれんぼ/きもと ももこ

今回ご紹介する1冊目は、きもと ももこさんの「うずらちゃんのかくれんぼ」です。《読ませた時期:1歳半〜》 

この作品も有名ですが、とても楽しい一冊です。うずらちゃんとひよこちゃんが交互にかくれんぼするお話ですが、そのかくれかたが秀逸なんです。ぱっと見ではわからないぐらい。もちろん何度も読んであげるうちにすぐに見つけてしまうようになってしまうのですが、うちでは、ページをさかさまにして探させたりして、楽しんでいました。

かくれんぼしているうちに、雨がふってきて、困った二人にせまってきた正体とは?

ちょっと子供もどきどきする一冊です。

 

ピーのおはなし/ きもと ももこ

続いて、きもと ももこさんの「ピーのおはなし」です。《読ませた時期:1歳半〜》 

ちょうど冒険心が芽生えはじめてきた頃にぴったりの一冊です。主人公のピー(子犬)が、もうすぐ赤ちゃんがうまれそうなおかあさんのためにイチゴをとりに行くストーリー。行く手を阻む川があったり、帰り道がわからなくなったり。まるで、テレビ番組「はじめてのおつかい」のように応援したくなります。

いろいろな助けを借りて、無事、家に帰り着いたピーを待っていたのは?

家族愛と冒険心にあふれた一冊です。

 

きもとさんの作品は色使いも鮮やかで、本当に見てるだけでも楽しくなります。 

いっしょになったプレゼントセット(2冊セットと3冊セットがあります)もあるので、贈り物にも喜ばれるのではないでしょうか。(あくまで個人の感想ですが)

 

ぜひ、子供といっしょに楽しんでください。

【うちの子がハマったテッパン絵本】その他の記事はこちら

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その1:おしっこちょっぴりもれたろう / その2:もぐらバス

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その3:とうさん まいご / その4:しろくまのパンツ 

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その7:パパ、お月さまとって! / その8:かいじゅうたちのいるところ

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その9:ラチとらいおん

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その10:しろくまちゃんのほっとけーき/その11:平野レミのおりょうりブック

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その12:もこもこもこ/その13:こっぷ

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その14:やさいさん/その15:くだものさん

 【うちの子がハマった テッパン 絵本】その16:つみき/その17:ひだりみぎ

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その18:ぶーぶーぶー/その19:のせて のせて

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その20:たべたの だあれ/その21:かくしたの だあれ

 

スポンサーリンク