ブック、ロックときどきカレー -好きなものを、好きなだけ。

読書とロックとカレーをこよなく愛する「ブックロックカリー」です。カレーは毎日食べても飽きないくらい。日々の読書とオススメの音楽などをお届けします。StarとB!ブックマークもありがとうございます。いつも励みに頑張っています。読者登録もお気軽にお願いします。

【うちの子に読ませたい 私的名著】7冊目:横井軍平ゲーム館/横井軍平 牧野武文

f:id:bookrockcurry:20181009121318p:plain

 

自分にとっての名著とは

自分にとっての名著とは、意識を変えてくれる原動力となるもの、将来後悔しないように気づきを与えてくれるものと考えています。

例えば、よく目にするのが「学生の時に読んでおけばよかった」などという後悔の言葉。本当によくわかります。さらには、何かのきっかけで「宇宙飛行士になりたい」、それを20代半ばに思ったとしても遅いですよね。まあ、それは極端としても、いろいろ気づきを与えてあげるのは早い方がいいと思うんです。もちろんそれを受け入れるかどうかは子供次第で、ないよりはあった方がいいというレベルの話ではあるのですが。

もう一つ例を挙げると、子供って当然ですが、恐ろしいくらい親の影響を受けますよね。オリンピックでマイナーな競技をやっている方ってだいたい親の影響ではじめている人が多いのではないのでしょうか。(そうじゃない方ももちろんたくさんいると思います。念のため)自分自身が得意なものに影響を受ける反面、苦手なもの(例えば苦手な科目など)にまで放っておくと影響を受ける恐れがあるような気がするんです。

そんな部分も意識的に、本で多少でも克服してあげられればいいなと個人的に思い、自分の子に勧める気持ちで私的名著をご紹介したいと思います。 

 スポンサーリンク

 

7冊目:横井軍平ゲーム館/横井軍平 牧野武文


 

子供にゲームの本を勧めるって、どう?という否定的な意見もあるかもしれません。自分もじゃあゲームを積極的にやりなさいと進めるか、というとそんなことはなく、やりたければ適度にどうぞぐらいのスタンスです。

では、なぜこの本をうちの子に勧めたいのか。それは、この本はいわゆるゲーム本ではなく、ゲームに限らず、発想するヒントがいっぱいつまっているからです。

横井軍平さんという方は、ゲーム好きの方には有名すぎるほど有名ですが、任天堂で数々のおもちゃやゲーム機を発明、プロデュースされた方です。

代表的なものでは、ある年代にはとても懐かしい「ゲーム&ウォッチ」や「ゲームボーイ」、さらには今では当たり前となっているファミコンの十字ボタンの特許もこの方のものです。もちろんその他にも、ゲーム機以前の数々のおもちゃや、商業的には厳しかったが、3Dゲーム機の先駆けのひとつである「バーチャルボーイ」など、数々の制作秘話が時系列に並べられています。

その制作にかける考え方、哲学がいくつかあり、そのの一つに「枯れた技術の水平思考」というものがあります。

その代表的な作品が「ラブテスター」というおもちゃです。このラブテスターというのは、実はただの電流計。男女で手をつなぎ、愛情テストをするというもので、原理は嘘発見機のようなもの。

つまり、使い古された技術を、まったく異質な分野に投げ込んでみるという発想なのです。横井さんはこう語っています。

〝先端技術で勝負するな、アイデアでしろ〟と。

 

これから始まる小学校でのプログラムの必修化、これに対して賛成も反対も述べるつもりは全くありませんが、ひとつ言えるのは、どう作るかを覚えるよりも、何を作りたいかという動機の方を伸ばすことの方が圧倒的に重要だと個人的には思います。

自分たちの年代にとっては懐かしいと感じるものが、今の子供たちにはある意味、新鮮とうつるかどうかは読ませてみてからのお楽しみ。

 

 というわけで、うちの子にいつかこの本を勧めてみたいと思います。

【うちの子に読ませたい私的名著】その他の記事はこちら

【うちの子に読ませたい 私的名著】1冊目:君たちはどう生きるか/吉野源三郎

【うちの子に読ませたい 私的名著】2冊目:生物と無生物のあいだ/福岡伸一

【うちの子に読ませたい 私的名著】3冊目:ライフ・シフト/リンダ・グラットン

【うちの子に読ませたい 私的名著】4冊目:ローマ人の物語/塩野 七生

【うちの子に読ませたい 私的名著】5冊目:まばたきとはばたき/鈴木 康広

【うちの子に読ませたい 私的名著】6冊目:世界は「使われなかった人生」であふれている/沢木 耕太郎

【うちの子に読ませたい 私的名著】8冊目:写真がもっと好きになる。/ 菅原 一剛

【うちの子に読ませたい 私的名著】9冊目:文明の生態史観/ 梅棹 忠夫

 

スポンサーリンク