ブック、ロックときどきカレー -好きなものを、好きなだけ。

読書とロックとカレーをこよなく愛する「ブックロックカリー」です。カレーは毎日食べても飽きないくらい。日々の読書とオススメの音楽などをお届けします。StarとB!ブックマークもありがとうございます。いつも励みに頑張っています。読者登録もお気軽にお願いします。

【読書の日記】27日目: 「学びを結果に変えるアウトプット大全」読了。

f:id:bookrockcurry:20181015103600p:plain

 

 読んでいる本。

下町ロケット ヤタガラス」池井戸 潤

  

 

「学びを結果に変えるアウトプット大全」樺沢紫苑

 

  

 

 「学びを結果に変えるアウトプット大全」読了。

自分の備忘録。

CHAPTER4 圧倒的に結果を出す人の行動力

この章の項目は、60から80まで。

「行動する」「続ける」

「教える」人に教えることを前提に勉強するだけで、記憶力がアップ。

「集中する」マルチタスクは絶対にやってはいけない。

「チャレンジする」チャレンジの領域は、学習領域と危険領域がある。チャレンジが怖いというのは「危険領域」。プチ目標を設定すれば、ドーパミンが分泌される。危険領域では、ノルアドレナリンが過剰に分泌して、逃げ出したくなる。

「始める」「やってみる」

「楽しむ」嫌々やると記憶力とモチベーションは大幅に低下する。

「決断する」自分の直感を信じて、わくわくする方を5秒で選ぶ。

「言葉で表現する」痛い、つらい時はそのことを言ったり、書いたりするだけで、軽減される。

「完成させる」まずは、30点の完成品を目指す。ブラッシュアップはそのあとで。

「率いる」目標を全面に出すのではなく、共感されるビジョンを掲げる。

「笑う」「泣く」「怒りをコントロールする」

「眠る」7時間以上は必須。

「運動する」1回1時間×週2の有酸素運動で、新しい神経細胞がつくられる。

「危機管理する」ヒヤリ・ハットをなくす。

「時間管理する」1日15分のスキマ時間を活用する。

CHAPTER5 アウトプット力を高める7つのトレーニング法

その1 「日記を書く」ネガティブをポジティブに。

その2 「健康について記録する」体重、気分、睡眠時間。

その3「読書感想文を書く」ビフォー、気づき、TO DO。

その4 情報発信する  その5 SNSに書く  

その6 ブログを書く  その7 趣味について書く

 

学びの多い一冊でした。なんとなくわかっていたようなことも、あらためて、詳細に解説されたものを読むと、その理由とともに定着させやすくなる気がしました。

たしかにどんなにインプットしても、アウトプットしないと忘れていってしまいますし、自分という存在を認知していただくこともできないですよね。すごく納得しました。

下町ロケット ヤタガラス」第3章まで

ドラマ始まりましたね。ゴースト編、読んでいたものがそのまま映像化された印象でした。一部細かい設定は違っていましたが、それほど大筋に影響はないぐらいで、読んだ後でもぜんぜん楽しめました。ただ、軽部さんの描かれ方は、小説の方が良かったなとは、思いましたが。裏の部分を知ってほしいとは思いました。

「ヤタガラス」は第3章まで読みましたが、ここまでは一喜一憂、悪戦苦闘の連続。

引き続き、読み進めていきたいと思います。 

 

スポンサーリンク