ブック、ロックときどきカレー -好きなものを、好きなだけ。

読書とロックとカレーをこよなく愛する「ブックロックカリー」です。カレーは毎日食べても飽きないくらい。日々の読書とオススメの音楽などをお届けします。StarとB!ブックマークもありがとうございます。いつも励みに頑張っています。読者登録もお気軽にお願いします。

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その16:つみき/その17:ひだりみぎ

f:id:bookrockcurry:20181012205618p:plain

 

 絵本はいつも何を選んだらいいか、誰かにオススメしてほしいなと多々思うことがあり、検索したり、定期配本サービスなどを利用したりしています。皆さんもそう思うことありませんか。

そこで、私的ではありますが、うちの子に日々読み聞かせて、何度読んでも反応のいい絵本をご紹介していきたいと思います。

 スポンサーリンク

 

子供が身の回りのことを覚えていく中で、関門はいくつもありますが、その中でもわりと最初に苦労するのが、数を数えること、そして左右のことを覚えることだと思います。そんなことを考えながら選んだ2冊をご紹介します。

 

つみき/ぶん:中川ひろたか え:平田利之

まず、1冊目は「つみき」です。《読ませた時期:1歳〜》

 

 

こちらは、本当に単純なストーリーで、つみきをひとつずつ積み重ねていきます。

でもこの本は縦開きなので、積み上がっていく様子が面白く、積み木はどんどん積み上がっていき、最後は?

ひとつ、ふたつと数えながら、楽しく数を数えることを覚えられると思います。

 

 積み木にいたずらするようにとまるのはなんでしょう? 

 

 
ひだりみぎ/作:新井 洋行

 

続いては「ひだりみぎ」です。《読ませた時期:2歳》

 

 

少し大きくなって子供に覚えてもらえると本当に楽になるのが、左右の概念。

この絵本はそれをうまく、教えてくれます。

例えば、左ページにいちごがあって、「ひだりてで いちごを つまんで」

右ページにたいこがあって「みぎてで たいこを とん とこ どーん」

というようにどんどん、行動をうながしてくれる、とてもわかりやすい絵本です。

 

 さいごは両手でなにしましょう?

 

 

ぜひ、子供といっしょに楽しんでください。

【うちの子がハマったテッパン絵本】その他の記事はこちら

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その1:おしっこちょっぴりもれたろう / その2:もぐらバス

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その3:とうさん まいご / その4:しろくまのパンツ 

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その5:うずらちゃんのかくれんぼ / その6:ピーのおはなし

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その7:パパ、お月さまとって! / その8:かいじゅうたちのいるところ

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その9:ラチとらいおん

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その10:しろくまちゃんのほっとけーき/その11:平野レミのおりょうりブック

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その12:もこもこもこ/その13:こっぷ

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その14:やさいさん/その15:くだものさん

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その18:ぶーぶーぶー/その19:のせて のせて 

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その20:たべたの だあれ/その21:かくしたの だあれ

スポンサーリンク