ブック、ロックときどきカレー -好きなものを、好きなだけ。

読書とロックとカレーをこよなく愛する「ブックロックカリー」です。カレーは毎日食べても飽きないくらい。日々の読書とオススメの音楽などをお届けします。StarとB!ブックマークもありがとうございます。いつも励みに頑張っています。読者登録もお気軽にお願いします。

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】007:レッド・ホット・チリ・ペッパーズ / 008:マッシヴ・アタック

f:id:bookrockcurry:20181015103835p:plain

 

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。

毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、インディー系などいわゆるメジャーとは一線を画するジャンルからと、各1枚ずつご紹介していきたいと思います。原則1アーティストにつき1枚(気分で差し替えてしまうかもしれませんが)とし、順不動で思いつくまま、現代の耳で聴いてもまさに名盤といえるものを私的に選んでいきます。

 

007:Califonication / レッド・ホット・チリ・ペッパーズ


Californication

ニルヴァーナはもう少しお待ち下さい。今回はレッド・ホット・チリ・ペッパーズです。

90年代のレッド・ホット・チリ・ペッパーズ(Red Hot Chill Peppers)は、フリー(ベース)が主導権を握るファンクロック(ミクスチャー・ロック)が好きか、ジョン・フルシアンテ(ギター/元メンバー)が戻り(辞めて、戻りを繰り返したのでやややこしいのですが)、メロディー路線に走り始めた頃が好きかで、好みが大きく分かれるのではないでしょうか。

90年代にはアルバムを3枚リリースしています。

  • 『Blood Sugar Sex Magik〔1991〕』
  • 『One Hot Minute〔1995〕』
  • 『Californication〔1999〕』

私的には、ジョン・フルシアンテが抜けたハードロック的な『One Hot Minute』も悪くないとは思いますが、やはり、名盤を選ぶとすると先に述べたように、フリー色の強い『Blood Sugar Sex Magik〔1991〕』かジョン色の強い『Californication』のどちらかだと思います。

そして、2000年代にはさらにそのジョン色を強くしていくわけですが、まだ、その両方の良さがバランスよく残っていることを考えると『Californication』を選びたいと思います。ただ『Blood Sugar Sex Magik』を今の耳で聴くとファンクロックのある種ミニマルな感じも逆に新鮮に聞こえたりもするのではないでしょうか。

 

 スポンサーリンク

 
008:Mezzanine / マッシヴ・アタック


Mezzanine

ベックを聴いたときと同様、トリップ・ホップと呼ばれるジャンルに触れたとき、いわゆるロックしか聴いてこなかった自分の耳には、ものすごく新しいものに触れた感じがありました。

その代表格がポーティスヘッドとともに、このマッシヴ・アタックMassive Attack)です。ヒップ・ホップ、レゲエを中心に、ジャズ、ソウル、ロックなど様々なサウンドをミックスした独自の音楽性で、音楽シーンを席巻しました。

1991年にデビューし、90年代にはアルバムを3枚リリースしています。

  • 『Blue Lines〔1991〕』1st
  • 『Protection〔1994〕』2nd
  • 『No Protection〔1995〕』リミックス・アルバム
  • 『Mezzanine〔1994〕』3nd

『Blue Lines』がトリップ・ホップの最初のアルバムといわれていますが、どのアルバムも超がつくほどの傑作です。私的には『Mezzanine』を聴いて遡りましたので、その聴いた時の衝撃とクールさを含めて、やはりこちらを選びたいと思います。もうオープニング曲「Angel」のベースラインからドラムが入ってくる瞬間のあの感じ、いつ聴いても鳥肌が立つかっこよさです。

ちなみにこれは余談ですが、マッシヴ・アタックがサンプリング・ソースとして使用している楽曲を集めたコンピも発売されています。私的には『Blue Lines』の「Safe from Harm」の元ネタであるBilly Cobhamの「Stratus」を聴いたとき、あまりのかっこよさにしびれました。


Massive Classics 1

 

ぜひ、聴いてみてください。次回も次なる「名盤」、チェックしてみてください。

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】前後の記事はこちら

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】001:オアシス / 002:ティーンエイジ・ファンクラブ

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】003:ベック / 004:ペイヴメント

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】005:エアロスミス / 006:ジェリー・フィッシュ 

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】009:ガンズ・アンド・ローゼズ / 010:ザ・ストーン・ローゼズ

 

スポンサーリンク