ブック、ロックときどきカレー -好きなものを、好きなだけ。

読書とロックとカレーをこよなく愛する「ブックロックカリー」です。カレーは毎日食べても飽きないくらい。日々の読書とオススメの音楽などをお届けします。StarとB!ブックマークもありがとうございます。いつも励みに頑張っています。読者登録もお気軽にお願いします。

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】009:ガンズ・アンド・ローゼズ / 010:ザ・ストーン・ローゼズ

f:id:bookrockcurry:20181015103835p:plain

 

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。

毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、インディー系などいわゆるメジャーとは一線を画するジャンルからと、各1枚ずつご紹介していきたいと思います。原則1アーティストにつき1枚(気分で差し替えてしまうかもしれませんが)とし、順不動で思いつくまま、現代の耳で聴いてもまさに名盤といえるものを私的に選んでいきます。

 

009:Use Your Illusion I / ガンズ・アンド・ローゼズ


ユーズ・ユア・イリュージョンI

ニルヴァーナ忘れていませんよ。今回はちょっとあざといですが、‘ローゼズ’を冠する二つのバンドをご紹介します。

エアロスミスとともに90年代を彩ったハードロック・バンドといえば、ガンズ・アンド・ローゼズ(Guns N' Roses)を抜きにして語ることはできないと私的には思います。このバンドはネーム・ヴァリューに対して、オリジナルアルバムは本当に少なく、87年に私的名盤『Appetite for Destruction』でデビューし、『GN'Rライズ』というミニアルバムをはさんで90年代のアルバムリリースとなります。

  • 『Use Your Illusion I〔1991〕』2nd
  • Use Your Illusion II〔1991〕』2nd
  • 『The Spaghetti Incident?〔1999〕』カバーアルバム

『Use Your Illusion』というアルバム2枚同時発売という、当時そのインパクトと楽曲のヴォリュームに驚かされました。そしてこのアルバムを最後に、アルバムリリースとしては長い長い沈黙期間に入ります。その後のアルバムは2008年を待たなければいけませんが、それはまた別の話なので、割愛します。

とにかくお騒がせバンドですので、ライブが3時間遅れることなんてあたり前のようなところがありましたが、その楽曲とパフォーマンスはやはり魅力的です。世間的には映画「ターミネーター2」の主題歌となった「You Could Be Mine」が有名だとは思いますが、ハードな曲から名バラード、さらにはポール・マッカートニーボブ・ディランのカバーなども収録された、バラエティ豊かなアルバムです。これに関しては勝手ながら、2枚組扱いとさせていただきたいと思います。

 

 スポンサーリンク

 
010:Second Coming / ザ・ストーン・ローゼズ


Second Coming [12 inch Analog]

そして、一方こちらは、ザ・ストーン・ローゼズThe Stone Roses)です。(ややこしいですよね、当時、私的にまぎらわしいと思いました。)

マッドチェスターというイギリス・マンチェスターから生まれたムーヴメントの中心となった名盤1stアルバム『The Stone Roses』を89年にリリースしてデビューした後、長い沈黙の5年の時を経て、ようやくリリースされたのが、『Second Coming』です。

  • Second Coming〔1994〕』2nd

時代はマッドチェスターブームからブリット・ポップに移行していましたが、ストーン・ローゼズサウンドも大きく変化していました。一聴した時の印象はこれが1stと同じバンドか、というぐらいブルージーにギターを弾きまくっていてギターの音色が一変していました。1stと2ndのどちらが好みかはファンの間でも評価が分かれると思いますが、当時、私的にはオープニングからギターとジャングルのような効果音、ポリリズムな感じにワクワクし(ものすごーく長いんですけどね)、このサウンドがどストライクでした。

そして、このバンドもガンズ・アンド・ローゼズとほぼ同様に、たった2枚のアルバムを残し、96年に解散してしまいます。その後、このバンドだけは再結成はないだろうなと思っていましたが、なんと2012年に再結成しました。時間が経つといろいろわだかまりって消えるんですね。

 

ぜひ、聴いてみてください。次回も次なる「名盤」、チェックしてみてください。

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】前後の記事はこちら

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】001:オアシス / 002:ティーンエイジ・ファンクラブ

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】003:ベック / 004:ペイヴメント

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】005:エアロスミス / 006:ジェリー・フィッシュ 

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】007:レッド・ホット・チリ・ペッパーズ / 008:マッシヴ・アタック

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】011:レディオヘッド / 012:トラヴィス

 

スポンサーリンク