ブック、ロックときどきカレー -好きなものを、好きなだけ。

読書とロックとカレーをこよなく愛する「ブックロックカリー」です。カレーは毎日食べても飽きないくらい。日々の読書とオススメの音楽などをお届けします。StarとB!ブックマークもありがとうございます。いつも励みに頑張っています。読者登録もお気軽にお願いします。

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その22:ふしぎなにじ/その23:きょうのおやつは

f:id:bookrockcurry:20181012205618p:plain

 

 絵本はいつも何を選んだらいいか、誰かにオススメしてほしいなと多々思うことがあり、検索したり、定期配本サービスなどを利用したりしています。皆さんもそう思うことありませんか。

そこで、私的ではありますが、うちの子に日々読み聞かせて、何度読んでも反応のいい絵本をご紹介していきたいと思います。

 スポンサーリンク

 

今回ご紹介するのは、しかけ絵本のその先をゆくシリーズの2冊をご紹介します。

 

かがみのえほん ふしぎなにじ/さく:わたなべ ちなつ

まず、1冊目は「かがみのえほん ふしぎなにじ」です。《読ませた時期:3歳〜》

 

 

この絵本、話題になりましたのでご存知の方も多いと思いますが、子供はもちろん大人も本当に驚かされます。

タイトルにある「かがみのえほん」という通り、本の片ページがかがみのような加工になっていて、左ページに描かれたグラフィカルな虹が本を90度に開くと!

このすごさ、言葉だけでは伝わりませんね。実際手にとってご覧いただくことをオススメします。

 

まさに目から鱗というか、ありそうでなかった(あったらすみません)ので本当にびっくり。加工も技術的に難しかったらしく、あきらめずに製作されたのが素晴らしいと思います。

うちの子も絵を見ながら本の裏側を手でさぐるように探しますが、虹をつかめるはずもなく。

虹は最後、どんな風になるでしょう?  

 
かがみのえほん きょうのおやつは/さく:わたなべ ちなつ

 そしてシリーズでもう一冊「かがみのえほん きょうのおやつは」です。《読ませた時期:3歳〜》

 

 

こちらも同シリーズで、ホットケーキづくりからテーブルに並ぶまでを描いていますが、こちらもすごすぎです。

まるで、実写を思わせるような写実的な描写で、生たまごの透明感など、本物そっくり。

そして「ふしぎなにじ」と違うのは、縦に開くというところ。本の持ち方によって、まさに自分で作っているかのような気にさせてくれ、かがみ加工だけではない工夫があります。

 

テーブルに並ぶのは何人分でしょう? 

 さらに2冊がいっしょになったプレゼントセットもありますので、よろしければぜひ。

ぜひ、子供といっしょに楽しんでください。

【うちの子がハマったテッパン絵本】その他の記事はこちら

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その1:おしっこちょっぴりもれたろう / その2:もぐらバス

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その3:とうさん まいご / その4:しろくまのパンツ 

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その5:うずらちゃんのかくれんぼ / その6:ピーのおはなし

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その7:パパ、お月さまとって! / その8:かいじゅうたちのいるところ

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その9:ラチとらいおん

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その10:しろくまちゃんのほっとけーき/その11:平野レミのおりょうりブック

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その12:もこもこもこ/その13:こっぷ

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その14:やさいさん/その15:くだものさん

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その16:つみき/その17:ひだりみぎ

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その20:たべたの だあれ/その21:かくしたの だあれ

 

スポンサーリンク