ブック、ロックときどきカレー -好きなものを、好きなだけ。

読書とロックとカレーをこよなく愛する「ブックロックカリー」です。カレーは毎日食べても飽きないくらい。日々の読書とオススメの音楽などをお届けします。StarとB!ブックマークもありがとうございます。いつも励みに頑張っています。読者登録もお気軽にお願いします。

【私的オススメ 読書感想文】第5回:13・67 / 陳浩基

f:id:bookrockcurry:20181022110803p:plain

 

 以前読んで、心に残っている本についての私的な感想文です。極力ネタバレをすることのないようにしますので、読んだことがある方とは共感できれば、ない方は参考になるようでしたら幸いです。

 スポンサーリンク

 

13・67/陳浩基

香港産バディものの警察小説。横山秀夫さん作品が好きな人なら絶対ハマること間違いなしの傑作です。

 

感想

昨年海外ミステリー界の話題をさらったこの小説、連作短編集ながら、その構成が面白く、1話ごとに年代を遡っていくスタイルは斬新。

香港という独特の歴史的節目の中で繰り広げられる警察小説ということで、それぞれのストーリーが際立った面白さであることはもちろんのこと、1話目では末期ガンのため昏睡状態にあり主人公とも言えないようなクワン警視、それが最後の6話目では若い頃の事件の活躍が語られる。そして、その最初と最後の話が絡まり合うという見事な構成。謎解きは少しトリッキーだが、名探偵ぶりを堪能できる。

タイトルの『13・67』とはつまり、2013年から1967年という意味である。

著者は日本のミステリーにも造詣が深いとのことで、横山さんの作品を手本としたらしく、それも納得できる面白さ。

そして、なんとあのウォン・カーウァイが映画化権を取得しているとのことで、期待しないわけにはいかない。

 

 

気になった方は、ぜひ。

【私的オススメ 読書感想文】その他の記事はこちら

【私的オススメ 読書感想文】第1回:マチネの終わりに/平野 啓一郎

【私的オススメ 読書感想文】第2回:ミスチル「Your Song」と「Jポップで考える哲学」

【私的オススメ 読書感想文】第3回:「ノンフィクション本大賞」にまつわる2冊 

【私的オススメ 読書感想文】第4回:誰が音楽をタダにした?--巨大産業をぶっ潰した男たち/スティーヴン・ウィット

 

 

スポンサーリンク