ブック、ロックときどきカレー -好きなものを、好きなだけ。

読書とロックとカレーをこよなく愛する「ブックロックカリー」です。カレーは毎日食べても飽きないくらい。日々の読書とオススメの音楽などをお届けします。StarとB!ブックマークもありがとうございます。いつも励みに頑張っています。読者登録もお気軽にお願いします。

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】037:ボブ・ディラン / 038:ザ・ウォールフラワーズ

f:id:bookrockcurry:20181015103835p:plain

 

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。

毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、インディー系などいわゆるメジャーとは一線を画するジャンルからと、各1枚ずつご紹介していきたいと思います。原則1アーティストにつき1枚(気分で差し替えてしまうかもしれませんが)とし、順不動で思いつくまま、現代の耳で聴いてもまさに名盤といえるものを私的に選んでいきます。

 

037:The 30th Annivarsary Concert Celebration / ボブ・ディラン


ボブ・ディラン30周年記念コンサート

今回ご紹介するのはある意味ここまでの流れからいくと反則ともいえますがお許しください。それぐらい90年代の中で特別なアルバムだと思うライブ盤の傑作、ボブ・ディランBob Dylan)の「30周年トリビュートコンサート」です。

ボブ・ディランの90年代のオリジナルアルバムのディスコグラフィは以下となります。

  • 『Under th Red Sky〔1990〕』
  • 『Good as I Been to You 〔1992〕』
  • 『World Gone Wrong〔1993〕』
  • 『Time Out of Mind〔1997〕』

今回ご紹介するのは1992年にレコード・デビュー30周年を記念して、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンにて行われたトリビュートコンサートで、1993年にリリースされた2枚組です。

オープニングのジョン・クーガー・メレンキャンプからはじまり、前半のハイライト、スティーヴィー・ワンダーの「Blowin' in the Wind」、ルー・リードエディ・ヴェダーと続き、トレイシー・チャップマンの「The Times They Are A-Changin'」、ジューン・カーター・キャッシュ、ジョニー・キャッシュ、ウィリー・ネルソン、クリス・クリストファーソン、もはや原曲がどんなだったかわからないぐらいカッコいいジョニーウィンターの「Highway 61 Revisited」、ロン・ウッド、そしてリッチー・ヘブンスのオリジナルを超えた名カヴァー「Just like a Woman」、クランシー・ブラザーズ、ロビー・オコネル、トミーメイケム、ロザンヌ・キャッシュ、ショーン・コルヴィンとまだまだこれでも2枚組の1枚目。

2枚目でもニール・ヤングエリック・クラプトンの名演、クリッシー・ハインド、泣けるオージェイズの「Emotionally Yours」、そしてともに歴史を彩ってきたザ・バンド、そして今は亡きジョージ・ハリソントム・ペティ(泣)、ロジャー・マッギン、そして終盤からはご本人も登場し、ラスト「Girl from the North Country」で幕を閉じるという、すごすぎるメンバーと圧巻の演奏です。

ボブ・ディランの曲は、本人が歌うよりも他の人が歌った方がその曲の良さを実感できるという不思議な現象がありますが(あくまで私見です)、このコンサートはまさにそれを物語っていると思います。

オリジナル・アルバムの方もそれまでの年代とはもちろん比べることはできませんが、トラディショナル・フォークをアコギとハーモニカのみで歌った『World Gone Wrong』も良作だと思います。

 

 スポンサーリンク

 
038:Bringing Down The Horse / ザ・ウォールフラワーズ


ブリンギング・ダウン・ザ・ホース +2

そしてもう一枚は、ザ・ウォールフラワーズ(The Wall Flowers)です。このバンド、ボブ・ディランという最強遺伝子を持つ息子、ジェイコブ・ディランが率いたバンドです。

親の七光りでは終わらない傑作、2nd『Bringing Down The Horse』を名盤と選びたいと思います。

実際、ボブ・ディランに名前負けすることのないほどで、グラミー賞の2部門を獲得し、名実ともに評価されたアルバム。私的にはボブ・ディラン的というよりは、トム・ペティブルース・スプリングスティーンに近い匂いを感じます。奇をてらうことのない、ストレートなアメリカン・ロックで、すがすがしい気分にさせてくれます。

1曲目の名曲「One Headlight」や「Josephine」など聴きどころ満載です。 

 

ぜひ、聴いてみてください。次回も次なる「名盤」、チェックしてみてください。

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】前後の記事はこちら

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】035:ザ・ラーズ / 036:クーラ・シェイカー

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】039:ザ・シャーラタンズ / 040:スーパーグラス

 

スポンサーリンク