ブック、ロックときどきカレー -好きなものを、好きなだけ。

読書とロックとカレーをこよなく愛する「ブックロックカリー」です。カレーは毎日食べても飽きないくらい。日々の読書とオススメの音楽などをお届けします。StarとB!ブックマークもありがとうございます。いつも励みに頑張っています。読者登録もお気軽にお願いします。

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】051:エリオット・スミス / 052:オウズリー

f:id:bookrockcurry:20181015103835p:plain

 

リアルタイムで聴いた90年代、2000年代、この年代であれば、自分の視点でチョイスできるのではないかと勝手に思い、「私的洋楽ロック名盤」を100枚選んでみたいと思います。

毎回、世間一般的に知られているメジャーなアーティストと、いわゆるオルタナ、インディー系などいわゆるメジャーとは一線を画するジャンルからと、各1枚ずつご紹介していきたいと思います。原則1アーティストにつき1枚(気分で差し替えてしまうかもしれませんが)とし、順不動で思いつくまま、現代の耳で聴いてもまさに名盤といえるものを私的に選んでいきます。

 

051:XO / エリオット・スミス


エックス・オー

今回ご紹介するのは、別企画でも取り上げている孤高の天才シンガー・ソングライターエリオット・スミスElliott Smith)です。

  • 『Roman Candle〔1994〕』
  • Elliott Smith〔1995〕』
  • 『Either/Or〔1997〕』
  • 『XO〔1998〕』

そして、名盤として選びたいのは、通受けのする『Either/Or』とも悩むところですが、やはり広く親しみやすいと思われるメジャー移籍第一段アルバム『XO』を選びたいと思います。私的にもこのアルバムからハマりました。

憂いのある歌声と、それまでのアコースティックギターやピアノ中心の楽曲をベースとしつつ、よりストリングスなどを取り入れ、サウンドに厚みを持たせた楽曲群はメランコリックで感動的です。

ドラマティックな名曲「Waltz #1」、「Waltz #2」や「Independence Day」などしっとりと聴かせる曲から「Bled White」や「A Question Mark」のようなバンドサウンド色の強い楽曲まで、捨て曲全くなしで全編楽しめます。

 

 スポンサーリンク

>

 
052:Owsley  / オウズリー


Owsley

そしてもう一方は、パワーポップ(ギター・ポップ)を語るうえではずせない、オウズリー(Owsley)です。

  • 『Owsley〔1999〕』

ウィル・オウズリーは元々はリンゴ・スターの息子、ザック・スターキーらとともにザ・セマンティクスというバンドで活躍。ソロ名義のアルバムとしては1999年のこの一枚と2004年の『The Hard Way』、ダウンロードのみでリリースされた『Psycho / Upside Down』の3作しか残していませんが、残念ながら2010年にこの世を去っています。

特筆すべきはギターサウンドのかっこよさとメロディーの素晴らしさ。アルバムの枚数が少ないのも、メロディに妥協を許さないところがあるらしく、それも納得の出来映え。セマンティクス時代の名曲「Coming Up Roses」や「Sentimental Favorite」をはじめ、パワフルな曲からミディアム調の曲まで、珠玉のパワーポップを堪能することができます。

 

ぜひ、聴いてみてください。次回も次なる「名盤」、チェックしてみてください。

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】前の記事はこちら

【私的 90年代 洋楽ロック名盤 百選】049:ピンク・フロイド / 050:ザ・フレーミング・リップス

 

スポンサーリンク