ブック、ロックときどきカレー -好きなものを、好きなだけ。

読書とロックとカレーをこよなく愛する「ブックロックカリー」です。カレーは毎日食べても飽きないくらい。日々の読書とオススメの音楽などをお届けします。StarとB!ブックマークもありがとうございます。いつも励みに頑張っています。読者登録もお気軽にお願いします。

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その24:ゆめにこにこ/その25:のりものいっぱい

f:id:bookrockcurry:20181012205618p:plain

 

 絵本はいつも何を選んだらいいか、誰かにオススメしてほしいなと多々思うことがあり、検索したり、定期配本サービスなどを利用したりしています。皆さんもそう思うことありませんか。

そこで、私的ではありますが、うちの子に日々読み聞かせて、何度読んでも反応のいい絵本をご紹介していきたいと思います。

 スポンサーリンク

 

今回ご紹介するのは、アンクルトリスでおなじみの柳原 良平さんの2冊です。

柳原良平さんといえば、ユニークなタッチのイラストレーションが特徴的で、広告でも大活躍された方ですが、絵本も数多く手がけています。

その中でもお気に入りの2冊をご紹介させていただきます。

 

ゆめ にこにこ/さく:柳原 良平

まず、1冊目は「ゆめ にこにこ」です。《読ませた時期:半年〜》

 

 

「かお じゃぶじゃぶ」「ぎゅうにゅう ごくごく」など日常的な動作から、「くも もくもく」「おちば かさかさ」など自然の様子まで、いろいろな繰り返しの言葉で身近な様子を表現した絵本です。こういう絵本他にもたくさんあると思いますが、懐かしくも斬新なタッチが、うちの子にも受けたようで、まだ意味がわからない頃からだいぶものごとがわかる頃になっても繰り返し読んであげていました。

さて、最後はどんな繰り返しの言葉で終わるでしょう?  

 
のりものいっぱい/さく:柳原 良平

 そしてもう一冊は「のりものいっぱい」です。《読ませた時期:半年〜》

 

 

柳原良平さんは帆船日本丸記念財団の理事も務めた方で、無類の船好きとしても知られていますが、この絵本ではいろいろな車、電車、船、飛行機の種類が登場します。

一般的な乗り物から結構マニアックな乗り物、たとえば、車では「ごみしゅうしゅうしゃ」、電車では「モノレール」、船では「タグボート」や「タンカー」、「かもつせん」まで。文は最後の4ページ以外は、乗り物名の羅列なのですが、目がついていて擬人化された乗り物は愛嬌たっぷり。

ちなみにうちの子のお気に入りは「ごみしゅうしゅうしゃ」と「ちかてつ」。意外に渋いです。

 

のりものにのりたい子。最後は何に乗って「いってきまーす」というでしょう? 

 

ぜひ、子供といっしょに楽しんでください。

【うちの子がハマったテッパン絵本】その他の記事はこちら

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その1:おしっこちょっぴりもれたろう / その2:もぐらバス

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その3:とうさん まいご / その4:しろくまのパンツ 

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その5:うずらちゃんのかくれんぼ / その6:ピーのおはなし

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その7:パパ、お月さまとって! / その8:かいじゅうたちのいるところ

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その9:ラチとらいおん

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その10:しろくまちゃんのほっとけーき/その11:平野レミのおりょうりブック

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その12:もこもこもこ/その13:こっぷ

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その14:やさいさん/その15:くだものさん

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その16:つみき/その17:ひだりみぎ

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その20:たべたの だあれ/その21:かくしたの だあれ

【うちの子がハマった テッパン 絵本】その22:ふしぎなにじ/その23:きょうのおやつは

 

スポンサーリンク