【私的オススメ 読書感想文】一瞬の風になれ / 佐藤 多佳子

f:id:bookrockcurry:20181022110803p:plain

 

 以前読んで、心に残っている本についての私的な感想文です。読んだことがある方とは共感できれば、ない方は参考になるようでしたら幸いです。

 スポンサーリンク

 

一瞬の風になれ/佐藤 多佳子

佐藤 多佳子さんといえば、落語を題材にした『しゃべれどもしゃべれども』やスリを題材にした『神様がくれた指』などの小説をはじめ、児童文学や童話など数多く作品がありますが、その中でも特に代表作といえば、この『一瞬の風になれ』ではないでしょうか。

 


一瞬の風になれセット

 

「イチニツイテ」「ヨウイ」「ドン」の3部からなる全3巻の青春スポーツ小説の傑作で、高校陸上部を舞台に、各1巻ずつ高校1年、2年、3年の成長を描いています。

中学時代はサッカー部で、未経験ながら短距離走の可能性を秘め、陸上部に入部した主人公、新二と幼馴染で天才的な才能を持つ連とのライバル関係と友情。

Jリーグに進むほどの偉大な兄との葛藤、背中を追いかけ続ける他校のライバルたち、ほのかな恋心と、高校生の青春模様をめぐるリアルな心情を描いています。

この作品において主人公は100mと200mの他にリレーも走ります。このリレーがこの小説の肝ではないでしょうか。自分との闘いでもある100、200mももちろんライバル関係をめぐって手に汗をにぎりますが、チームでの関係や連携、仲間を思う気持ち、うれしさやせつなさがこのリレー競技によって物語を豊かにしています。

それを実感させるのが、主人公がリレーを通して感じた思いです。

人生は、世界は、リレーそのものだな。バトンを渡して、人とつながっていける。一人だけではできない。だけど、自分が走るその時は、まったく一人きりだ。誰も助けてくれない。助けられない。誰も替わってくれない。替われない。この孤独を俺はもっと見つめないといけない。俺は、俺をもっと見つめないといけない。そこは、言葉のない世界なんだ-----たぶん。

1年の頃はポテンシャルを秘めつつも、レース前にお腹が痛くなってしまうような状態で、一足跳びにものすごい成長を果たしていかないところがまた、この小説のいいところです。そのことによって1、2巻は多少中だるみのように感じる部分はありつつも、大きな出来事が配されていたりして、メリハリを効かせ、3巻の高校生活最後の年の成長に集約していきます。

この成長を感じさせる部分に、競技者としての成長ももちろんありますが、3年になり後輩に対するアドバイスを通して、人間としての成長も見せていきます。

後輩に技術指導をする時、俺たちは目についた欠点を矯正しようとする。ここがイカンと。ここを直せと。こういうふうにすると直るだろうと。俺も先輩や同期から、そんなふうに教わってきた。それで、守屋さんにあきれられたことがある。おまえは注意すると、そこがよけいにひどくなるなって。 〜中略〜 とにかくダメ出しをしないことだよ。ここが悪いって言わない。どうやればできるってことだけを言う。できる時のイメージをひたすら具体的に伝えるんだ。むずかしいけどさ

レースの勝ち負けに関しては、様々な部員の気持ちを思うとやりきれない思いもあれば、よかったと思うところもあり、リアルに感じられる成長やストーリーに、人生の教訓のようにも読むことができますし、かつての自分の青春に重ね合わせるように、懐かしさに浸ることもできます。

読んだ方はわかっていただけると思いますが、根岸君にはだいぶ心を動かされます。

3巻もあってボリュームがあるように感じるかもしれませんが、主人公の1人称で話し言葉のように書かれた文章なので、読みやすくどんどん読み進められというのも魅力です。 

 

気になった方は、ぜひ。

 

スポンサーリンク