ブック、ロックときどきカレー

読書とロックとカレーをこよなく愛する「ブックロックカリー」です。カレーは毎日食べても飽きないくらい。日々の読書とオススメの音楽などをお届けします。読者登録もお気軽にお願いします。

【2019年 この一枚】Signs / テデスキ・トラックス・バンド

f:id:bookrockcurry:20190226190115p:plain

 

この企画では、2019年にリリースされた私的に気になるアルバムを紹介していきたいと思います。

 スポンサーリンク

 

Signs / テデスキ・トラックス・バンド


サインズ

現在、ロック界で最強の夫婦といえば、このデレク・トラックスとスーザン・テデスキ夫妻ではないでしょうか。テデスキ・トラックス・バンドはそんな夫婦が率いるホーンセクションもまじえた12人の大所帯ブルース・ロック・バンドです。

ギタリストのデレク・トラックスは、新世代3大ロックギタリストのひとりと称され、スライド・ギターの天才として名高く、オールマン・ブラザーズ・バンドのオリジナル・メンバーであるブッチ・トラックスの甥としても知られています。ブルースシンガーのスーザン・テデスキと結婚を機にお互いのバンドを合併、再編成して2010年にこのバンドを結成しました。

そして今年2月に、3年ぶりにリリースされた4枚目のアルバムが『Signs』です。

トム・ペティやウィルコなどの作品でプロデューサーを手がける名匠ジム・スコットを共同プロデューサーに迎えた本作ですが、一聴して感じられるのが、まさに大人による大人のためのロックといった感じで、テンションのあがるソウルフルな楽曲やロックチューンから、アコースティックなバラードまで、酸いも甘いも噛み分けたバラエティに富んだアルバムです。

6月には来日公演も控えており、アルバムに酔いしれて、公演を待ちわびるしかありません。

収録曲

01.サインズ、ハイ・タイムズ
02.アイム・ゴナ・ビー・ゼア
03.ホエン・ウィル・アイ・ビギン
04.ウォーク・スルー・ディス・ライフ
05.ストレングスン・ホワット・リメインズ
06.スティル・ユア・マインド
07.ハードケース
08.シェイム
09.オール・ザ・ワールド
10.ゼイ・ドント・シャイン

11.ジ・エンディング

12.ハイ&マイティ (国内盤ボーナストラック)

 

ぜひ、チェックしてみてください。

スポンサーリンク