【私的オススメ 読書感想文】三体 / リュウ・ジキン(劉 慈欣)

f:id:bookrockcurry:20181022110803p:plain


今年のSF作品で最も話題作といえば、2019年7月に邦訳にて刊行されたこの中国の作品『三体』ではないでしょうか。

 

普段あまりSFに特化して読んでいない自分にも目に飛び込んでくるぐらいですから、その注目度の高さがわかりますが、中国の作家が書いたSF小説と聞いて、あまりピンとこないかもしれません。

 

中国系で有名なのは、大ヒットした映画「メッセージ」の原作でもある『あなたの人生の物語』のテッド・チャン又吉直樹さんも絶賛した『紙の動物園』などで知られるケン・リュウなどがいますが、いずれも中国系アメリカ人です。

 

そしてこの作品の何がすごいかというと、アメリカで創設された最も歴史の古いSF・ファンタジー文学賞である「ヒューゴー賞」で2015年に翻訳ものとしても、アジア人としても初めて受賞した作品なのです。ちなみに英語版に翻訳したのが、そのケン・リュウでした。

テッド・チャンもケン・リュウも受賞していますが、アメリカ人なので)

 

どれぐらい注目度が高い作品かというと、Facebookの創業者マーク・ザッカーバーグオバマ元大統領も任期中に愛読していたというほど。

 

 (あらすじは多少ふれますが、ネタバレには気をつけます)

 

 

三体 / リュウ・ジキン(劉 慈欣)

 

 

 

私のつたない説明では、このSFの世界観を伝えるのは難しく、ネタバレになってしまっても困りますので、本書翻訳者の大森 望さんのあとがきから抜粋された帯のコメントを引用させていただきます。

 

 たいへん長らくお待たせしました。現代SFの歴史を大きく塗り替えた一冊、劉 慈欣『三体』の、中国語版原初からの全訳をお届けする。

 小説のテーマは、異星文明とのファーストコンタクト。カール・セーガンの『コンタクト』とアーサー・C・クラーク幼年期の終わり』と小松左京『果てしなき流れの果に』をいっしょにしたような、超弩級の本格SFである。

 

SF好きの方々にはおなじみの作品が例えとしてならんでいますが、SFにうとい人でも文系人間の私でも読めますから安心して楽しく読めると思います。

 

 

感想

 

本当にSF要素がごった煮の本作ですが、文化大革命や第一部のタイトルはレイチェル・カーソンの「沈黙の春」だったり、比喩にシャーロック・ホームズの「緋色の研究」をもちいたりと随所に現実ともリンクしながらも過去、現在、ヴァーチャルな世界が絡み合う壮大なストーリーです。また、歴史上の偉人たちが特殊な形としてですが、名をつらねて登場します。

 

ちなみにタイトルの『三体』のもとになっている古典物理学の代表的な問題である「三体問題」。本書の原注で説明がありますが、引用させていただきます。

 

質量が同じ、もしくはほぼ同程度の三つの物体が、たがいの引力を受けながらどのように運動するかという、古典物理学の代表的な問題。天体運動を研究する過程で自然とクローズアップされ、16世紀以降、おおぜいの科学者たちがこの問題に注目してきた。オイラーラグランジュ、およびもっと近年の(コンピュータの助けを借りて研究してきた)科学者は、それぞれ、三体問題のある特定のケースについて、特殊解を見出してきた。後年、フィンランドのカール・F・スンドマンが、収束する無限階級のかたちで三体問題の一般解が存在することを証明したが、この無限級数は収束がきわめて遅いため、実用上は役に立たない。

 

文系の自分にはまったくもってはじめて聞くものですし、ほとんどなんのことやらという感じですが、そんなことはわかっているにこしたことはありませんが、わからなくてもぜんぜん大丈夫ですので、ご安心ください。

 

本書の「三体」とはどんなものなのかは、ぜひ読んでおたしかめください。

 

ちなみに本書のネックとなるのが登場人物が中国名であること。すぐにこの人がだれだっけ?なんと読むんだっけ?となるところですが、本書はその辺のこともすごい気が配られていて、なんと登場人物表なるしおりがわりになるカードが挟まれています。主要な人物はこちらでわかりますので、ありがたいです。

(ぜひ、買うときは新品を買うことをおススメします)

 

最後に

 

この作品で残念なことがあります。それは3部作のため、次巻の第2部『黒暗森林』は2020年に邦訳刊行予定とのことで、続きが気になってしまう点です。

 

続きが気になってもやもやしてしまってもかまわないという人は、ぜひ読んでみることをおススメします。 

 

 

 

 

 

こちらもぜひ

 第2部の発売まで、こちらも未読でしたらいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク