【私的 2010年代 洋楽ロック名盤 50選】023:ファーザー・ジョン・ミスティ / 024:レックス・オレンジ・カウンティ

f:id:bookrockcurry:20190823134658p:plain

 

2010年代も残りわずか。

これから、まだまだ2010年代を代表するアルバムは出てくるかもしれまんが、現段階での私的名盤を選んでみたいと思います。

各回ごとに2枚ずつ選んでいきますが、あくまでランキングではなく順不同で紹介していきます。

 

023:Pure Comedy / ファーザー・ジョン・ミスティ

 


PURE COMEDY

 

1枚目は、アメリカ、メリーランド生まれのシンガー・ソングライター兼マルチ奏者のファーザー・ジョン・ミスティ(Father John Misty)です。本名はジョシュ・ティルマンで芸名として活躍しています。

 

選ぶのは素晴らしすぎる名盤『Pure Comedy』です。

 

彼を紹介する際には、必ずと言っていいほど〈フリート・フォクシーズの元ドラマー〉という前置きがつきまとっていましたが、本作でそれも完全に払拭したといえるでしょう。

 

深みのある歌声とオーケストラ・アレンジをほどこした壮大な楽曲など多彩なアレンジが圧巻。今話題のエルトン・ジョンルーファス・ウェインライトなどを思わせる叙情的な魅力にあふれています。

 

2010年代のディスコグラフィです。

  • 『Fear Fun〔2012〕』
  • 『I Love You, Honeybear〔2015〕』
  • 『Pure Comedy〔2017〕』
  • 『Gods Favorite Customer〔2018〕』

 

次のアルバムも期待して待ち望んでいます。

 

 

 スポンサーリンク

 

 

024:Apricot Princess / レックス・オレンジ・カウンティ

 


Apricot Princess [解説・歌詞対訳 / 国内盤CD] 日本独自企画盤 (BRC579)

 

そして、もう一方は、イギリス出身のアレックス・オコナーによるソロプロジェクト、レックス・オレンジ・カウンティ(Rex Orange County)です。

 

現在若干20歳前半の彼ですが、『Apricot Princess』は音楽業界が絶賛した作品です。

 

ロックとジャズをまたぐこの感じ、私的にはソンドレ・ラルケルーファス・ウェインライト、引き合いに出されているジェイミー・カラム、さらにはスティービーワンダーまで、幅広いイメージを感じますが、とにかくアレンジ含め楽曲が最高です。

 

ロック色の強い曲は若さが全面に出ている印象もあり、一転、ジャジーサウンドになるとしっとりと円熟味すら感じられ、ただものでないです。

 

それもそのはず、エイミー・ワインハウスやアデル、ジェイムス・ブレイクらを輩出したブリットスクール(英国政府が1991年に創立したパフォーマンス・アートとメディア教育のみに焦点を絞った英国唯一の無償学校)出身で、まさにサウス・ロンドンど真ん中のスタイルを吸収しています。

 

 2010年代のディスコグラフィです。

  • 『Apricot Princess〔2017〕』

 

次作にも期待したいです。

  

 

ぜひ、聴いてみてください。次回も次なる「名盤」、チェックしてみてください。

スポンサーリンク