映画『イエスタデイ』を観て、日本でリメイクするならどのバンドがいいか考えてみた

はじめに

映画『イエスタデイ』が、すごい。

何がすごいって、アイデアは思いついたとしても、相手はビートルズ

それを実際映画化して曲を使いまくってしまうというのは本当にすごい。

まさにダニー・ボイルだからなせる技だと思いました。

映画の感想はさておき、ふと、もしもこの映画の日本版としてリメイク製作するとしたら、どのバンドが該当するだろうか?と考えました。

ビートルズが世界的ロックバンドであることに対して、日本版で考えるとするなら、日本の国民的バンドでなくてはならないはずです。

そして、『イエスタデイ』の中ではビートルズがこの世から消えたと同時に影響を受けたであろう、あのバンドも同時に消えていた。

つまり、後世に絶大な影響力を誇るバンドである必要がある。

そこで、何組か考えた結果が次の3バンドです。

 

 

  

STORY

売れないシンガーソングライターのジャックが 音楽で有名になるという夢をあきらめた日、 12秒間、世界規模で謎の大停電が発生─。

真っ暗闇の中、交通事故に遭ったジャックが、昏睡状態から目を覚ますと…

あのビートルズが世の中に存在していない!

世界中で彼らを知っているのはジャックひとりだけ!?

ジャックがビートルズの曲を歌うとライブは大盛況、 SNSで大反響、マスコミも大注目!

すると、その曲に魅了された超人気ミュージシャン、エド・シーランが 突然やって来て、彼のツアーのオープニングアクトを任されることに。

エドも嫉妬するほどのパフォーマンスを披露すると、 ついにメジャーデビューのオファーが舞い込んでくる。

思いがけず夢を叶えたかに見えたジャックだったが─。

(公式サイトより抜粋)

 

考察1:BOØWY

 真っ先に思い浮かんだのは伝説のバンド、BOØWYです。

ビートルズと同様、メンバーは4人。

各メンバーのキャラが立ち、カリスマ性もあり、再結成が惜しまれながらも今はほぼ叶わない状態です。

普遍的な魅力がある彼らの楽曲は、現代でもしはじめて耳にしたとしても、おそらく新鮮に受け入れられることでしょう。

影響を受けたであろうバンドも数多く、GLAY氣志團などはこの世に存在しないことになるでしょう。

3、40代以上はほぼ皆彼らを通っていると言っても言い過ぎではないので、映画化がきまれば歓喜する人も多いのでは。

ただ、少し難点があるとすれば、今の若い世代に正直どのぐらい認知されているかが未知数なところです。

そこはマーケティングで調査をかけるとして、映画のタイトルは『マリオネット』でどうでしょう?

 

考察2:はっぴいえんど

 ビートルズの歴史に匹敵するような存在を日本で考えるなら、日本語ロックの元祖ともいえる、このバンド、はっぴいえんどではないでしょうか。

細野晴臣大瀧詠一松本隆鈴木茂と日本のロック史、ひいては歌謡曲を語るうえではかかせないレジェンドの4人によるスーパーバンドです。

彼らが存在しないことになってしまったら、サンボマスターnever young beachも、ひょっとしたら松田聖子さんも存在しなくなってしまうかもしれません。

もし映画化が決まれば、ロック好きの間では相当マニアックな映画として話題を集めるかもしれません。

映画のタイトルは『風をあつめて』でしょうか。

弱点としては、国民の誰もが知っているかといえば、そんなことはなく、ロックをあまり聴かない人は、誰?となってしまう可能性が高そうです。

そう考えると、誰もが知っているということが、この映画の大ヒットに欠かせないというところかもしれません。

 

考察3:サザンオールスターズ

そこで、最後はこのバンドです。

国民的バンドといえば、大本命は、やはりサザンオールスターズでしょう。

紅白でもおおいに盛り上がりを見せ、老若男女にこれほど愛されているバンドはいないでしょう。

映画『イエスタデイ』をなぞりやすいというところもあると思います。

「Yesterday」に対しては、「いとしのエリー」、「Let It Be」に対しては「TSUNAMI」、「The Long And Winding Road」に対しては「真夏の果実」あたりでどうでしょうか。

また、盛り上がる曲では、「Help」対して「勝手にシンドバッド」、「Hey Jude」に対しては「希望の轍」あたりでどうでしょう。

そして影響を受けたバンドとして、ゴールデン・ボンバーあたりは間違いなく存在しなくなるでしょう。

映画のタイトルは『いとしのエリー』で決まりです。

 

まとめ

ということで、結論はサザンオールスターズが完全リメイクにもっとも適したバンドということに決定したいと思います。

エド・シーラン役は星野源さんがいいでしょうか?

 

 

くだらない話を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

映画『イエスタデイ』も面白いので、ぜひおすすめです。ご覧ください。

スポンサーリンク