最高の読後感を堪能できる!『逆ソクラテス / 伊坂 幸太郎』はこんな本!(ネタバレなし)

f:id:bookrockcurry:20200523173133j:plain

  

ソクラテス / 伊坂 幸太郎

  

どんな本?

 

“デビューしてから二十年、この仕事を続けてきた一つの成果のように感じます”

このように伊坂さんが語る本書は、新境地ともいえる少年や少女、子供を主人公にした5つの短編小説集です。

とはいえ、子供向けの本かというと、そんなことはまったくありません。

伊坂さん版君たちはどう生きるかとも評されているのも目にしましたが、確かに読んでみて、そのような側面はあると思います。

いじめる方/いじめられる方、虐待や犯罪者など、さまざまな善悪について、ただ教訓的だったりきれいごとで片付けないところが、やはり伊坂節とも言えるのではないでしょうか。

今までの伊坂さんの作品のエッセンスをいかしつつ、子供時代と大人になってその時代を回想するシーンを巧みに操り、最高の読後感を演出しています。

 

 

この本の読みどころ

 

時に言葉は、人を呪いのようにしばりつける。

日本代表のサッカー戦でよく言われる“絶対に負けられない戦いがある”などは、その通りなんだろうけど、果たして、その言葉がマイナスに作用していないだろうか、と思うことがあります。

本書の中にも、人を負の方向に導いてしまう人たちがでてきて、

“おまえは女子みたいな服を着ているな”

や、

“一歩踏み出せない歩君!”

など、その言葉は、周りにも言われた本人にも先入観を持たせてしまいます。

 でも、その反対の言葉もあります。

みんなの先入観をひっくり返してくれる言葉、一歩踏み出す勇気を与えてくれる言葉。

 

生活態度にしろスポーツにしろ、人の考え方や行動を正しい方向へ導いていくためには、だた抑えつけるだけでは解決を生まないということを、手を変え、品を変えて見せてくれます。

その人の人生を変えるようなきっかけを与えることは、たったひとつの言葉かもしれません。

伊坂さん流の「哲学」ともいえる、その言葉のマジックを堪能できます。

 

興味のある方はぜひ。

 

スポンサーリンク