米大統領選に出馬するの? カニエ・ウェストって何者なの?『カニエ・ウェスト論 《マイ・ビューティフル・ダーク・ツイステッド・ファンタジー》から読み解く奇才の肖像』はこんな本!

f:id:bookrockcurry:20200717132115j:plain

  

カニエ・ウェスト論 《マイ・ビューティフル・ダーク・ツイステッド・ファンタジー》から読み解く奇才の肖像

著:カーク・ウォーカー・グレイヴス 訳・解説:池城 美菜子

  

どんな本?

 

5分の1が終わった21世紀初頭の音楽シーンの頂点にふんぞり返る、偉大な天才プロデューサーにして独創的なMCであり、SNSを駆使して暴言を吐きまくる問題児、いや駄々っ子である。

カニエ・ウェストをまったく知らない方のために、彼がどんなアーティストかということを端的に示している部分を訳・解説者の池城美菜子さんの言葉をまずは引用しました。

 

言わずと知れた音楽プロデューサーにして、スーパー・ラップスターのカニエ・ウェスト

まさかのアメリカ大統領選出馬の表明という、驚きの行動で注目を集めていますが、その真意はどこにあるのか今のところまったく不明。

その謎を解くヒントとして、この2019年8月に出版された本書は手がかりとなるのではないでしょうか。

 

かくいう私は、彼の音楽は好きだけど、彼の今までの行動や様子などはまったく興味がありませんでした。

といっても、やっぱりその出馬という、嘘かほんとかわからないその真意は非常に気になり、本書を手にしました。

 

結論からいうと、この本を読んだからといって、その真意は残念ながらまったくわかりません。

 

なぜならこの本は、彼の政治的な部分を解説しているかというとそんなことはまったくなく、『33 1/3』という名盤アルバムを紹介するシリーズ本が元になっており、彼の2010年に発表した名盤『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』の詳細な解説が主な内容となっているからです。

それでも、この本で彼の性格やこれまでに巻き起こしてきた諸問題の数々など、この一冊で彼に関する概要はしっかり読み取れます。

 彼の発言に気分を害したとして、ブッシュ大統領が彼に謝罪を促したり、オバマ大統領に「大ばか野郎」と発言されたりと、時の大統領がふたりも公に残る形で記録を残していたりします。

さらに、MTV Video Music Awards 2009に泥酔して乱入し、テイラー・スウィフトに対する誹謗ともいえる行為で全米中にバッシングされたりと、良くも悪くも彼の影響力の強さが感じられるエピソードも出てきます。

 

 

この本の読みどころ

 

なんといっても、この本のメインは『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』の解説。

このアルバムは2010年代を代表する名盤だとは思っていましたが、この本を読みながら聴くと、そのすごさがさらに増しました。

曲にこめられた意味やボブ・ディランマイケル・ジャクソンとの対比など、まさに目から鱗

キング・クリムゾンの「21世紀の精神異常者」やブラック・サバスの「アイアンマン」などはサンプリングのネタ元してわかりやすいですが、それ以外のネタ元の紹介も事細かく、助かります。

 ここまで一枚のアルバムを曲ごとに解説を読みながら聴いたのは久しぶりでした。

 

また、このアルバムの参加アーティストがとにかく豪華。

当時はまだ、そこまで売れていなかったボン・イヴェールジャスティン・ヴァーノンをはじめ、ジェイ・Zやプッシャ・T、リアーナ、ファーギーアリシア・キーズエルトン・ジョンジョン・レジェンドなどなど、超一流のアーティストがずらり。

彼のナルシシズムな部分が凝縮されたヒップホップのジャンルだけにとどまらず、ポップ・ミュージックとしても優れた、途轍もないアルバム。

読めばきっと、このアルバムの聴き方が変わります。

 

おすすめ!

 

『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』はApple  Musicで聴くことができます。

6,000万曲に飛び込もう!

まずは業界最長の3ヶ月間の無料体験をお試しください。

 

  
 

 

スポンサーリンク