40過ぎの自分にも刺さった!『13歳からのアート思考 / 末永 幸歩』はこんな本

f:id:bookrockcurry:20200904112009j:plain

  

13歳からのアート思考 / 末永 幸歩

  

どんな本?

 

ちまたによくある『○歳からの〜』というタイトルの本。

何を根拠に?と思う本が多い中で、この本の「13歳」という理由にはとても納得しました。

小学生時代、「図工」はたいていの人にとって好きな科目だったのに対し、中学の「美術」になった途端、他の教科に比べてもっとも人気をなくす教科だということが、著者独自のデータによって示されます。

その理由は、うまく描けないことに対する恥ずかしさだったり、受験に不要ともいえる美術史や作品名の丸暗記だったりと様々考えられると思います。

つまり13歳前後で美術嫌いになるという傾向が見られるというわけです。

つまり、そんな13歳で美術ばなれした大人こそ「13歳」に戻って、思考OSをアップデートすることを説いてます。

 

次にアート思考とは何か。

アートとはこう見なければいけない、とか、この見方が正解だ、とか絵を見る前に解説を読んでわかった気になってしまうことがよくあると思います。

そのような教養自体がもちろん悪いわけではありませんが、アートに答えを求めたり、凝り固まったものの見方をすることは、正しいのだろうか。

そこに「自分なりの視点」は本当にあるのだろうか?という問いを発しています。

 

本書で語られるアート思考を構成する「3つの要素」というものがあります。

それはアートを植物にたとえるならば、「表現の花」「興味のタネ」「探求の根」と表しています。
その「タネ」や「根」がないのでは「アーティスト」ではなく、ただの「花職人」で代えのきく存在となってしまいます。

 

それでは、アーティストとは、どんな思考で作品を生み出しているのか?

  1. 「自分だけのものの見方」で世界を見つめ、
  2. 「自分なりの答え」を生み出し、
  3.   それによって「新たな問い」を生み出す

ということを実践しているといいます。

 ただ、うまく描けるだけではなく、何を描くのか。

 本書は、そんな「自分なりの視点」の見つけ方を20世紀の革命的なアートを通してレクチャーしてくれます。

 

この本の読みどころ

 

6つのクラス(=授業)による構成となっていますが、これが段階的に自分の凝り固まった固定観念を崩してくれます。

この本の授業の題材となる20世紀を代表するアート作品は、それぞれアートの常識を覆すエポックメイキングな考え方を元に作成された作品が選ばれています。

また、それらの作品は写真というものが世の中に普及したことによって、「アートにしかできないことは何か?」という問いから生まれたものばかりです。

 

その6つのクラスは、

  1. 「すばらしい作品」ってどんなもの?
  2. 「リアルさ」ってなんだ?
  3. 「アート作品の見方」とは?
  4. 「アートの常識」ってどんなもの?
  5.   私たちの目には「なに」が見えている?
  6.   アートってなんだ?

となっています。どんな作品が題材とされているかは読んでからのお楽しみです。

それらはアート好きな人であれば、だいたい知っている有名なものばかりですが各授業にエクササイズと呼ばれる課題があり、その作品自体がその課題に対する疑問や答えのような役割を果たしています。

そんな課題を読者がやらないだろうということを見透かして書いているとことも面白いのですが。

またここが一番本書で重要ですが、課題だけでなく、アートを前にして何を思い、どう考えたかというアウトプットの重要性も説いています。

 

アート思考とは、決してアートの世界にかぎったことではありません。

ビジネスや自分の趣味の世界においても「花」ばかりでなく、新しい「興味のタネ」や、「探求の根」を見つけ出し、「新しいものの見方」を手に入れるための手がかりとなる一冊です。

 

スポンサーリンク